限りなくゼロ円で効果が得られるフェイシャル&ボディケア

女性はたとえお金がなくても、いつも美しくいたいと思いますが、世の中の女性はいったいいくら位のお金を美容にかけているのでしょうか?
経済的に余裕がなければ美しくなれないなんて悲しいですね。
「私は私の力で美しくなる!」宣言をして、お金をかけずに最高になりましょう。

今どきの美容代は?

まさしく大人の事情で、美容費は少ない人で1ヵ月1,000円以内から多い人は30,000円くらいのようですが、もちろんもっと多い人も少ない人もいます。
内訳は、化粧水とクリームくらいしか使わないスッピン派としっかり美容にお金をかける派に分かれるようです。
ネイルサロン7,000円、美容院5,000円、フェイシャルやボデイエステ10,000円、化粧品8,000円といったところがお金をかける派の平均です。
さらに余裕があるセレブは、エステの回数も多く、ジム通いや整体、美容サプリなどにお金をかけています。

限りなくゼロ円で効果が得られるフェイシャル&ボディケア

・フェイシヤルエステとボディエステはセルフでおこなうと、お金はかかりません。
肌の新陳代謝を良くするとメラニンが排出して、シミやくすみが解消できますが、手軽な方法としてお風呂で温まりながら顔を氷で冷やす、温冷ケアがおすすめです。
まず、湯船につかりながら熱いお湯で絞ったホットタオルで首と顔を温めます。
首の後ろの太い血管を温めると、全身の血行が良くなり、新陳代謝が上がります。
次に、気になるシミの部分に氷をあて、血管を収縮させます。
その氷を顔全体にクルクルと動かしてマッサージすると、冷えた肌は血管を広げます。
温冷ケアは、老廃物を運びだすリンパの流れをスムーズにします。

ボデイエステ効果があるのも温冷浴です。
温かいお湯につかり、その後冷たいシャワーを浴びると血行が促進されるだけでなくダイエット効果が得られます。
やり方は、熱めの41℃前後のお湯に2分ほどつかり、冷たい水のシャワーを10秒ほど浴びます。この方法を3回ほど繰り返し、最後は水で終わります。

肘やかかとの角質化した肌をツルツルにするには、やはり入浴で肌が柔らかくなった時点で、塩でマッサージをすると、塩の粒で汚れをとるスクラブ効果が得られます。

今すぐできる小顔のためのセルフケア

・セルフコルギについて

    
小顔矯正のためのエステが流行っています。
顔をモデルさんのように小さくしたい女性は、意外と多いようです。
自分で小顔をつくるには、韓国のコルギ(骨気)が効果的です。
コツさえ覚えれば思った以上に小顔効果が得られるので、大顔で悩む人にはおすすめです。
頭や顔の骨は、年齢とともに外側に広がっていきますが、骨に働きかけるマッサージをすると、広がろうとする骨が元に戻るようです。

頬をリフトアップするには、机などに両肘をついて頬骨の下のカーブに手のひらの付け根の骨を使って頬骨にそって引き上げます。

フェイスラインを整えるには、あごを上げ気味にして、両手の親指のつけ根をあごにあて、残りの左右4本の指はそれぞれ鼻のラインにそえ、合掌するようにな形で人差し指は目の下を通ってこめかみに流します。
次に、左右の親指のつけ根であごの骨そって耳まで引き上げます。

目をパッチリさせるには、両親指の先端を眉頭の下にあてて、眉尻に向かって左右同時に動かします。

鼻筋を作るには、親指の第一関節を眉頭の下のくぼみにあて、鼻骨にそって左右同時に上下に動かします。
コルギマッサージで小顔効果を得るには、1日に何度も行うよりは毎日数分ずつ続けるのがよいようです。

無理なく続けられる髪のセルフケア

ツヤのないパサついた髪の毛は、緑茶ピーリングをおこないましょう。
やり方は、緑茶を500mlを普通にいれて、人肌ほどに冷まし、空のペットボトルなどに移します。
入浴時に持って入り、頭頂部から後頭部、髪全体に浸透させます。
緑茶のカテキンがはがれかけたキューティクルを取り除き、ピーリング効果が得られます。
その後、いつも通りのシャンプーをします。

ヘッドスパはヘアサロンで人気ですが、食用のオリーブオイルを用いて自宅でも簡単にできます。
手のひらにオリーブオイルをたらし、指に少しずつ取りながら頭皮になじませます。
頭皮がオイリーな人は、少なめにしておきましょう。
たいていの人の頭皮は、眼の使い過ぎなどでコリがあり、頭皮が動かないようですが、頭皮は動くのが理想です。
額の生え際から頭頂部、後頭部、首筋まで指の腹でていねいにマッサージします。
その後、ホットタオルを巻いて5分ほど蒸らします。
オリーブオイルは、オイルの中でも人の皮膚に一番近くなじみやすいと言われているので安心して用いることができます。その後普通にシャンプーします。
緑茶やオリーブオイルは、副作用もなくアレルギー体質の人にもおすすです。

糖化をブロックする安価な食材で透明感のある肌に!

肌のシワやタルミを食い止めるには、必要以上に糖質を取らないようにすることです。
ご飯やパンなどに含まれる糖質はエネルギー源として欠かせませんが、摂り過ぎると糖質が血液中にあふれ出て血糖値が急上昇し、肌や筋肉、骨、血管などの機能を低下させてしまいます。

低GI値(49以下)の比較的安価な食材は、もやし、玉ねぎ、大根などの野菜や、サバやイワシの缶詰、鶏の胸肉やワカメ、ヒジキなどの海草類、シイタケやシメジなどのキノコ類などです。
また、ドクダミ茶や柿の葉茶は旬の時期に作っておくと、お金をかけずに抗酸化作用が得られます。

・キノコ類は悪玉コレステロールを減らす作用や便秘解消効果があり、美肌効果も期待できる食材です。しかも比較的安価で価格に変動がありません。
安いときにまとめて買って冷凍キノコにしておくと使い勝手がよく、有効成分が効率よく摂取できます。
エノキダケ、シメジ、エリンギ、シイタケなどを適当に切り、保存袋に薄く入れて、空気を抜いて冷凍保存にしておきます。
そのままみそ汁に入れたり、魚と一緒にホイル焼きにしたり、スパゲティなどに用います。

週末の1日塩分カットをするだけで1日1㎏痩せてむくみも解消!

足のむくみに悩む人が多く、フットリフレは人気がありますが、1回の施術で3,000円前後の料金がかかります。
足だけてなく顔のむくみも気になる場合は、塩分の取りすぎかもしれません。
むくみを取り去るには、週に1回だけ塩分を抜く日を作るとむくみが解消され体重の減少効果も得られます。
その方法は、塩や醤油、味噌やソースといった調味料は使わず、酢やコショウ、レモンなどで味付けをします。
またハムやソーセージ、ちくわなどの加工品も食塩を多く含んでいるので控えます。
塩分カットデーは野菜を多くとるようにすると、野菜に含まれるカリウムが体内にたまった過剰な塩分を排出してくれます。

また、塩分カットデーには同時にふくらはぎのマッサージをおこなうと、デトックス効果を一気に得ることができます。
固めのラップの芯などをふくらはぎにあて両手で持って、コロコロ転がしたり、ペットボトルにお湯を入れて同じように両手で持ち、転がしても疲れが取れむくみが解消できます。

まとめ

美容費はかければきりがありません。
自分にお金をかける余裕がなくても、アイデア次第でキレイは手に入ります。
できるだけお金をかけずにキレイでいるためには、確かな情報を集めて自分に合った方法を、まめに実行していくことです。
いつか、ゆったりとエステで癒される日がくるまで、セルフケアでコツコツと、美しさを育てていきましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ