貧乏でも冬を暖かく暮らすためのお金をかけない防寒テクニック集!

貧乏人は冬は心が凍ります!

冬!もうすぐ冬ですよ!寒波は目の前ですよ!
冬って、本当に嫌ですよねー。確かにイベントは盛りだくさんで、カレンダー上では賑やかなのですが、寒いのがほんとに。
それに、街が賑やかになればなるほど、ひとり身の寂しさが増すというか。

身体も寒いですが、心が凍りそう

そんな寒い寒い冬、できるだけ暖かく過ごしたい!という人のための、「衣食住」を暖かくするためのコツをご紹介します。
しかも、もちろんお金はできるだけかけないで!
これを読めば自分みたいに貧乏な人でも、なんとか寒さをしのげるのではないか、と思います。
参考になるか分かりませんが、お役にたてば幸い。

冬を暖かく暮らす・衣料編

洋服で冬を暖かく過ごすのは、いちばんいいのは、そりゃ厚着をすることですよ。
そんなわけで、自分は真冬は家の中でもコート着て仕事してます。
でも、なんか哀しくなってくるじゃないですか。家の中でダッフルコートとか着てると、自分なにやってるんだろう、という気持ちになってきて、心が寒くなってくる
そして、ヒートテック
自分、ヒートテック何枚か持っていますが、あれ、暖かくなりますか?効果が感じられないのは自分だけ?
あのヒートテックって、汗を吸って暖かくなるんでしょ?だから、ひとたび汗をかき始めれば相乗効果でより暖かくなるんだろうけど、本当に寒い時にはあまり役に立たないような気がするのですが・・

なので、真冬は自分はヒートテックの靴下にヒートテックの下着、そして、タートルネックの服にセーター、ダッフルコートと着ていて、もうモコモコなのですが、それでも寒い。ほとんど保温効果を感じないのですよ。

そこで、冬を衣料で暖かく過ごすテクニックなのですが、これはもう、「頭と首を冷やさないこと」、これがいちばんです。
「山岳医療情報」サイトの低体温症対策のページでは、山で低体温症にならないために

体温を奪われないために、なるべく厚着をして下さい。顔・首・頭からの熱は逃げ易いので、帽子やマフラーなどで保温して下さい。

とあります。このように、身体がいくら厚着をしていても、頭がそのままだと熱がどんどん逃げて行ってしまいます。
体温の約30%が頭から逃げていくそうです。北風の中の外出には帽子が必須アイテムです。
特に、耳あてのついた帽子や、耳まで隠れるニット帽などがおすすめです。これは自分の体験なのですが、耳が暖かいとかなり寒さがしのげます。いちばんいいのはイヤーマッフルをすることなのですが、あれは若い女の子以外はあまり似あわないじゃないですか。なので、帽子で耳を隠すのがいいかな、と思います。
ちなみに自分が被っているニット帽はこんなものです。
自分の被っているニット帽
これは薄手のニットなのですが、それでもけっこう暖かく過ごせます。

また、首を温めるためにはマフラーは必須ですね。
マフラーも、いちばんいいのは毛か毛糸のマフラー。
でも、マフラーは分厚すぎると巻くときに苦労するので、適度な厚さのものがいいと思います。
最近はマフラーではなくネックウォーマーを使っている人も多いですね。
貧乏人としては、ネックウォーマーは自作してもいいかもしれません。
もう着なくなったセーターの袖の部分を好みの長さに切って、バイアステープなどで処理すると、レッグウオ―マーになります。
また、見ごろの部分も同様に処理するとネックウオ―マーに変身します。
古くなって穴の開いてしまったセーターや、虫食いのセーターなどは、こうして再利用すると、首や脚元が暖かくなります。

頭や首も冷えから守ることは重要ですが、足ですね、足先も、冷えるとツラいですよね。
足先用には、足先専用ホッカイロとかありますけど、あれ使ったことありますか?
あれ、あっという間に固くなって使えなくなるんですよね。ほとんど効果なし。
それよりもおすすめなのが、外出時にドライヤーで靴を温めておくこと。
織田信長と豊臣秀吉じゃないけど、靴を事前に暖めておくと、履いた時にほかほかで、その暖かさはしばらく続くので、足先専用ホッカイロよりもお金をかけずに実用的に温められます。
衣料で冬を暖かくするには、「頭」「耳」「首」「足先」を集中的に温める!と覚えておいてください。

冬を暖かく暮らす・食事編

冬を暖かく暮らすための食事と言えば、なんと言っても鍋!これですよね!
すき焼きもいいし、チゲ鍋なんかもいいし、ものぐささんには常夜鍋なんかがおすすめ!
常夜鍋には様々なレシピがありますが、どれもとても簡単。
例えば作家の故・向田邦子さんが紹介しているレシピだと豚肉とほうれん草、にんにく、生姜を水と日本酒で煮込み、醤油とレモンをタレにして食べるというもの。
常夜鍋
出典:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1006307/
これは我が家でもよく食べていました。作るのが簡単なのにとても美味しくて、体も温まるので、冬のご馳走でしたね。
本格的な鍋はちょっとお金がかかるけど、この常夜鍋は基本豚肉とほうれん草だけなので、お金がほとんどかからないのも嬉しいところ。
もし豚肉ですら厳しいのであれば、鶏肉に変えてもOK。そうすれば更に安く出来上がります。
また、白菜と豚肉のミルフィーユ鍋もよくうちで食べてました。
白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋
出典:http://cookpad.com/recipe/1650993
これもレシピとしては超簡単で、鍋に白菜と豚の薄切り肉を交互に重ねていくだけ。いま放送している味の素のCMでは上から粉末だしをかけていますが、だしは無くてもOK。豚肉からいいだしが出ます。
これもポン酢かレモン醤油でいただくととても美味しい。白菜も安い値段でボリュームがすごいので、お金をかけずに暖まる食事になります。
その他、体を暖める作用のある食べ物には、以下のようなものがあります。

  • 野菜:ニンジン、ゴボウ、ダイコン、レンコン、ショウガ、ネギ、ニンニク、ニラ、タマネギ、カボチャなど。
  • 果物:りんご、栗など。
  • 魚肉他:ウナギ、小魚、レバー、チーズ、大豆など。
  • その他:黒砂糖、蜂蜜、ウーロン茶、ジャスミンティーなど。

こうしてみると、いくつかレシピができそうですね。
けんちん汁なんかも身体を暖めてくれそうだし、りんごと蜂蜜を使った「焼きりんご」なんかもいいかもしれませんね。
焼きりんごはオーブンレンジがあればとても簡単。
りんごの芯をくりぬき、そこにバターと蜂蜜を入れて焼くだけ。
これだけでとても美味しいおやつになりますよ。
こちらのレシピでは、りんごに蜂蜜、そして各種スパイスを使ったちょっと大人の味の焼きりんごを紹介しています。
スパイシー焼きりんご
スパイシー焼きりんご(田中さんのリンゴ) by 6次産業化推進員米澤 [クックパッド]

寒い季節は温かいコーヒーが美味しいですが、カフェインには血管の収縮を抑える作用があるため、体の熱が逃げてしまうそうです。
温かい飲み物なのに体の芯部を冷やすようです。
ホットレモンティーホットゆず茶などは風邪の予防効果があるので、作り置きしておくと便利です。
ゆず茶はお店でも売っていますが、自分で簡単に作れます。
蜂蜜ゆず
ゆずを輪切りにして、蜂蜜に漬け込むだけ。4~5日で美味しいゆず茶の素になります。

また、食べるラー油を作り置きしておくと、寒い日は湯豆腐のたれやしゃぶしゃぶなどのたれにして頂くと体が芯から温まり、発汗作用があるので少々の風邪は治ってしまいます。
食べるラー油はブームになって以降スーパーなどで簡単に手に入りますが、手作りだと市価の数分の一で作れるのでお得です。
食べるラー油
食べるラー油の作り方は、にんにく、玉ねぎ、生姜、赤唐辛子をみじん切りにしてゴマ油で炒め、砂糖醤油、一味唐辛子、ゴマ油200gを加え揚げ煮にするだけ。とても簡単にできます!
貧乏でも自分で作ることで、美味しいゆず茶や食べるラー油の湯豆腐などが安上がりにゲットできてしまいます。
湯豆腐も、鱈を入れると高くなりますが、お豆腐だけならばほとんどお金がかかりません。ちょっとわびしいですが、食べるラー油との相性は抜群なのでぜひ一度試してみて下さい。

冬を暖かく暮らす・住居編

おうちを暖かくするには、やっぱり暖房になりますよね。
暖房、どうしてますか?
最も多いのはやっぱりエアコンだと思います。
ただ、エアコンはお金がかかるじゃないですか。普通につけっぱなしにしておくと電気代数万円軽く行っちゃう。
それはちょっと払えないですよねー。
そこで、家で使う暖房機器の電気代を比べてみました。
これはビックカメラに掲載されていた資料です。
暖房機器の電気代比較
この資料によると、部屋を暖める暖房機器としてはエアコンの電気代は1時間15円、オイルヒーターが34円、石油ファンヒーターが30円、ガスファンヒーターも30円。
足元を暖める暖房機器としてはセラミックファンヒーターが1時間あたり23円、電気ストーブが22円、遠赤外線ストーブが24円、カーボンヒーターが20円、ハロゲンヒーターが18円、となっています。
こうしてみるとエアコンが一番安いように見えますが、それはちょっと裏があって、実はエアコンは設定温度によって電気代に大きな差が出るのです。暖房にする場合はできるだけ設定温度は低めにしましょう。
それに、あまり部屋が暖まり過ぎるのも良くないのです。体のためには室温は20℃位がちょうど良いようです。
室温を上げ過ぎると外出時の温度差で末梢神経がけいれんをおこし、寒さや痛みを感じることがあります。
電気代にも身体にもやさしい温度設定は19~20℃。このぐらいであれば貧乏人でも少しは暖かく過ごせそうです。

また、暖房をつける際には、カーテンを二重にして床の長さまでにする。畳の下に新聞紙を敷く。こたつ敷の下にアルミシートを敷くなどひと工夫しましょう。そうすることで、底冷えを防ぐとともに、暖房効率もよくなるので、電気代の節約につながります。

あとは・・・部屋の中の印象を暖かいものにするのもいいかもしれません。
おすすめなのがろうそく。キャンドルです。今はインテリアとしても使えるキャンドルがたくさん販売されていますよね。香りつきのフレグランスキャンドルとか、大人気のようです。
ただし、フレグランスキャンドルは普通のインテリアショップなんかで買うとものすごく高いです!1万円とか平気でします。
自分がよく使っているのは、IKEAで激安のフレグランスキャンドルを買ってくる、という方法。
例えばこちらのフレグランスキャンドル3点セットは999円!
IKEAのフレグランスキャンドル
BEFINTLIG 香り付きブロックキャンドル3個セット – IKEA
ガラスの器入りのフレグランスキャンドル399円です。
ガラスの器入りのフレグランスキャンドル
こうした安くていい香りのするキャンドルを部屋に灯すと、なんとなく部屋があたたかーくなったような気持ちになります。
また、ガラスの置物、籐の家具などや青色系のインテリアは寒々としてしまいがちです。
暖色系のソファーカバーやクッションに変えるだけで暖かく感じられます。
照明もオレンジ色の電球にすると温かく感じられます。
部屋を実際に暖かくすることも大事ですが、見た目ってけっこう重要。
インテリアを工夫することで、部屋を実際の温度以上に暖かく感じさせることができるのです。

冬を暖かく暮らす・運動編

よく昔は言われましたよね。「子どもは風の子!外で遊んでれば寒さなんて!」とかなんとか。
まあ実際、体を動かすことで身体が暖まるというのは間違いではない。
呼吸や体温調節など生命を維持するために消費されるエネルギーのことを基礎代謝と言いますが、加齢などにより筋肉量が減ると基礎代謝量が減ります。
基礎代謝を上げると、酸素や栄養素が全身の細胞に行き渡り新陳代謝が活発になります。すると冷え性が改善されるだけでなく顔や髪までツヤツヤになります。
運動することで体が温まり暖房費が節約できるだけでなく、キレイにもなれるのですから、こまかに動くのがいいのです。本当なら。
でもねえ。
普段身体動かしてない人がいきなり寒さの中運動したりすると、骨がポキンといきかねない。筋肉も固く収縮していますからね、冬は。
なので、いきなり走ったり腹筋したり、はあまりおすすめできません。
それよりも、普段の生活の中でほんの少しだけ運動するのはどうでしょうか。
トイレなどに立つたびにもも上げをしたり、家事の合間にスクワットをするなどして筋力を鍛えるとか。
また外出の際は、なるだけ早足で歩き、階段を積極的に使うようにするとか。
このぐらいだったら、ものぐさな自分でもできるかな、というように思います。

衣食住でお金をかけずに暖かくなりましょう!

このように、冬の寒さに対して、お金をできるだけかけずに暖かく過ごす方法を「衣食住」+運動、の面でご紹介しました。
衣料では高いヒートテックではなくて安いニット帽を買う
食事では簡単に安くできるお鍋を食べる
住居では暖房に頼り過ぎず、部屋の雰囲気を暖かくする
そして、こまめに身体を動かす
それだけでも、ずいぶん暖かくなると思います。
それでなくてもお金が無いと冬は厳しいわけですから、できるだけ工夫して暖かく過ごすようにしましょう!

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ