これがお金のたまらない人の特徴!あなたはお金が貯まる体質ですか?


お金が貯まらない人の口癖は、「お金さえあればなんだってできるのに」「やりたいことはあるけど資金がないから今はできない」「あの人が成功したのは運がいいから、私には無理なこと」などです。
お金がなければ稼ぐ方法を見つけ、やりたいことがあれば具体的に書きだし、「あの人が成功したのだから私だって成功できる」と思うことでお金は貯まります。
お金が貯まらない人は、自分の力不足を棚に上げ、何かのせいにしてしまう人です。
お金に縁がないのは「世の中のせい、親のせい、夫のせい、妻のせい、病気のせい」ではありません。そのほとんどが自分自身の生活習慣や考え方にあるようです。

お金が貯まらない人の5つの悪い習慣

1.同じようなものを安いからと言ってつい買ってしまう。

自分の持ち物が把握できていないため、季節の変わり目などに温かそうな下着やフリースなどの部屋着が目につくと、つい買ってしまう。
家に帰ってみると、まだ新しい同じようなものがでてきた。そんな経験はありませんか?
お金が貯まらない人の多くが「安物買いの銭失い」と言われるタイプです。
文房具のはさみ一つ買うのにも、よく吟味して少々高価でも品質の良いものを買うと大切に使うようになります。
何でも消耗品扱いする人は、基本的にお金が貯まらない人です。

2.ついで買いをしてしまう。

コンビニなどに立ち寄った時、買う予定がなかった「季節限定スイーツ」などを買ってしまう。それほど興味がない雑誌をついでに買ってしまう。
スーパーで買う予定でなかった大量のティシュペーパーやトイレットペーパーを安いからと買ってしまい、保管する場所にこまったなどといった経験がありませんか?
思い当たる人は、計画性のないついで買いの癖があります。
今必要なものだけを買うようにしないとお金は貯まりません。

3.買い物後のレシートは捨ててしまう。

「何を買ったかわからないが、財布のお金は減っている」ってことがあるようなら、お金の流れが把握できていない証拠です。
家計簿をつける時間が取れなくても、ノートにレシートを貼っておくだけで何を買ったかがわかります。
基本的に品物の返品や交換はレシートがないと、品物自体に問題があったとしても、返品はおこなってもらえません。
レシートは邪魔と、すぐ捨ててしまっていたのでは、お金は貯まりません。

4.食事会や飲み会に誘われたら断ることができない。

最近は、職場の人たちとコミュニケーションを持つことが少なくなったと言われていますが、一方で2次会、3次会までつき合ってしまう人もいるようです。
付き合いも大事ですが、断る勇気も必要です。

5.身の回りに使わないモノが多すぎる。

お金持ちの人は、相対的にシンプルな暮らしをしています。
必要なものと不必要なものを見極める能力は、投資能力にもつながります。
持ち物が多すぎると思う人は今すぐ断捨離を始めましょう。

お金が貯まらない人の5つの思考

1.お金が貯まらない人は成功者の意見を聞かない

会社を定年退職してから起業をして成功した人や、子育て後に起業をした主婦も世の中にはたくさんいます。
第二の人生を本気で考えるなら、成功者の話に耳を傾けたり、本を読んだり、ネットで調べるなどして、成功までの道のりを疑似体験することが大切です。
成功者の話の中には必ず成功のヒントが隠れています。

2.お金が貯まらない人は自分を過小評価しすぎる

何らかの事情で会社を退職した場合など、自信をなくして「自分はこの程度」「高望みせずに倹約して細々と生きていこう」などと思いがちです。
「これから私はどんどんお金を稼いでリッチになろう」と思えば、脳はお金を稼ぐ脳に変わります。

3.節約や倹約ばかり考えていてもお金は引き寄せられない

食事、ファッション、インテリアなど衣食住全般を少しリッチにすると、不思議に洗練されたものに目がいくようになり、お金のかけどころが分かってきます。
節約や倹約は大切ですが、そのことを目標にしてしまえば、ライフスタイルはレベルアップすることはありません。
節約や倹約をする目的は、自分の夢を叶えるためです。

4.年齢を必要以上に気にする

「もう歳だからお金儲けはできない」「歳だから体が思うように動かない」「歳だから頭が働かない」などと、何でも年齢のせいにしているとお金は貯まりません。
たとえ求人票に60歳までと書いてあっても、若々しければ65歳だって採用してもらえることもあります。

5.好奇心や冒険心がない

お金儲けは、良い意味での好奇心や冒険心がないとできません。
絶えずアンテナを張ってお金をつかみ取るには、好奇心やアイデアや、冒険心が必要です。
節約してコツコツとお金を貯めることに限界を感じている人も多いと思いますが、どうすればお金持ちになれるかを具体的に調べたり、リスクが大きいと避けていた投資にチャレンジするなども、お金を増やすための勉強になります。
資産運用にまわすお金がないとあきらめてしまっては、お金を効率よく増やすことができません。

・資産運用について

資産運用とは、金融商品に投資をすることで、株式投資、投資信託、外貨預金、FXなどがあります。
節約一辺倒の生活で、今まで投資したことのない人は、バランスよく長期で持てる「投資信託」から始めるのがよいでしょう。
人に投資をしてもらうのが投資信託ですが、1万円など少額から投資できるのがメリットです。頭の体操と思って、少額の投資を実践しながら学ぶと、経済にも関心を持つことができます。無料セミナーなどにも参加してノウハウを学ぶこともできます。

お金持ちになりたいと思うことは自然なこと

「お金のことを人前で話すと品がよくない」と思う人もいまだにいるようですが、お金は大事です。
お金は稼ぐ目的がはっきりしていたら、早く貯まります。
たとえば、「お金を貯めて、ワゴン車を買って移動販売のパン屋をはじめよう」と思ったなら、パン作りを趣味でやっていたとしても、もう一度勉強し直すことも必要かもしれません。また、ワゴン車の価格を調べて、購入方法も考えなければなりません。
人生の転換期には必ずお金が必要です。
「お金は強い味方」です。「お金持ちになるぞ!」と自分に言い聞かせ、稼げるときに稼いで
しっかり貯めて、夢の実現をのためにお金を使いましょう。
お金を汚いものと思っていては、いつまでたってもお金持ちにはなれません。

いつかは「起業」したい人は目的にそった資格を習得しておこう

近年、働き方の多様化により副業も可能な会社があるようです。
また、60歳で定年後、5年間は同じ会社で働けるものの、ほとんどが勤務日数が減るため、簡単な副業も可能です。
近い将来、食に関する仕事を始めたいと思うなら調理師免許、法律関連の事務所を開くなら社会保険労務士や宅地建物取引士、司法書士などの資格を取っておく必要があります。

子育て後の女性に受容が多い職種は、介護福祉士やエステティシャン、ネイリストなどの美容関係です。
特に資格がなくてもできる在宅ワークの仕事も探せば多くあります。
定年前や子育て中にやりたいことを見つけて、その仕事に合った資格を取得しておくと、スムーズに起業することができます。

まとめ

お金を味方につけるには「安いからと飛びつかない、お金の出入りを常に把握しておく、お金についてはポジティブに考える」など、自分にとってのキーポイントをいくつか押えておくことです。
お金持ちになりたいと思うことは、恥ずかしいことでも、後ろめたいことでもありません。
今までお金に縁がなかった人も「今日から人生の黄金期」と言い切って、お金持ちになりましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ