美容・風邪のひき始めの薬膳「人参生姜スープ」

秋のこの時期気温の変化に身体がついていけず、風邪っぽかったり喉が痛かったり、身体が冷えたりします。そんな時は身体の中からポカポカ温めながら、ウィルスをやっつけてくれる薬膳スープを作って早めに自宅ケアしませんか?
人参生姜スープ
風邪はひき始めが勝負
少し喉の調子が悪い時、身体が重たい時寝れば良くなるとほって置くと熱が上がったりしてしまいます。少し違和感を感じた時のケアが治療の早道!
生姜は、世界中で注目されている食材です。身体を温めて、ウィルスをやっつけます。また、人参はβカロチンが豊富で身体の働きを良くしてくれます。
玉ねぎもウィルスをやっつける効果があります。


人参生姜スープ材料(4人分)
人参(中) 2本
玉ねぎ 1つ
生姜ひとかけ(味を見ながら量を調節)
ジャガイモ (中)3つ
牛乳 200cc
水 300cc
塩 コショウ 少々

作り方
1. 玉ねぎ、人参、じゃがいもを小さめに切ります。
人参生姜スープ
2. 鍋に油を少々ひき、すべての材料を炒めます。
人参生姜スープ
3. 火が通ったら生姜の皮をむき、ザクザクと切って鍋に入れ一緒に炒めます。
人参生姜スープ
4. 水を野菜がしっかり浸るまで入れ、沸騰させます。
人参生姜スープ
5. アクが出てきたらきれいにとります。
6. 塩コショウで味付けをします。
7. 火を止めて火傷しないように気をつけながらミキサーにかけます。
人参生姜スープ
8. ミルクを入れて煮込むと出来上がり。


コツ
今回は薬膳スープなので、コンソメの素など入れずできるだけ自然の旨味をいただくようにしました。
風邪にいいだけでなくお肌をきれいに若々しく保つににも役立ちます。
作りだめをして食べたい時に温める事もできます。
生姜の量はたくさん入れても大丈夫ですが、辛さを見ながらにしてください。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ