インターネットでキャッシング会社を探す時に気を付けなければならない5つのポイント

インターネットでキャッシング会社を探す際には、とにかく「自分に合った金融機関」を選ぶことが重要なポイントとなります。
ちょっとお金を借りるだけだし、借りることができればば別にどこでも良いのでは?と思われるかもしれません。
ですが、ちょっとした違いが、時に大きな違いとなって身に降りかかる事になりかねません。

一言にキャッシング会社と言っても、銀行系カードローン、大手消費者金融、中小の消費者金融と選択肢は豊富です。
お金を借りるところを選ぶ時にはどんなポイントに気を付けなければならないのか、5つのポイントに分けて解説したいと思います。


1:申し込み方法を確認する

まずは「申し込み方法を確認」することです。
もちろん、申込手続きをするにあたってはその方法や大まかな流れについて把握しておくことは重要な事ではありますが、ここで最も重要な事は「自分に合った申込内容であるか」ということを確認することです。

●急いでいる場合は特に注意

「お金を借りる」という大まかな結果自体は、どの金融機関でも基本的に同じことです。
ですが、その「過程」については金融機関ごとに大きく異なります。
キャッシングの申込みの過程が異なると言うことは、お金を借りるという結果に至るまでの「時間」に大きく影響することになります。

一番の問題は「書類のやり取り」についてです。
キャッシングを利用する場合、どの金融機関でも基本的に「本人確認書類」と「収入確認書類」を提出して、それを基にして本審査を行います。
本審査に通ればお金を借りられる段階となりますが、逆に言えば本審査が完了するまで、ひいては本審査を行えるようになるまでは融資を受けることはできない、ということです。

そして、本審査の開始には上記の確認書類が金融機関の担当者まで届いていなければなりません。
金融機関ごとに必要書類の送付方法は異なり、選べる方法の種類と数も異なります。
ほとんどの金融機関では「郵送」による書類の送付は利用でき、それ以外にもFAXや、専用のアプリ等を用いて画像データを送信するといった方法もあります。

問題なのは「郵送」です。郵送の場合、どうしたって書類が金融機関に届くまでに時間がかかってしまいます。
そのため、ネットで必要な情報を送信してから実際に融資を受けることができるようになるまでに時間がかかってしまいます。
急いでお金を借りたい場合には、手早く送付できる方法を用意している金融機関を探す必要があります。

2:利息の条件を確認する

次に、「利息」に関する条件を確認することです。
利息は、返済時に支払うものであり、銀行カードローンは消費者金融のキャッシングよりも金利が低めに設定されています。
金利が低いほど返済の難易度が下がります。

●初回30日間なら無利息で返済できる金融機関もある

また、金融機関によっては「無利息期間」が設けられていることもあります。
無利息期間とは、文字通りその期間内に返済する場合において、利息が発生しないということです。
なので、金額や借り入れの理由によっては元金の返済のみで完済できる可能性もあります。

ネットキャッシングを利用する人の中には、ちょっとだけお金を借りられればそれで良いという事情を持っている人もいます。
10万円ほど必要だが、月末までお金が入らないから間に合わない。そんな時に、手軽に利用できるネットキャッシングは便利な存在となります。
また、こうした事情での借入の場合、借り入れしてから次の給料日で返済できるという場合もあります。

この場合、無利息期間中に完済できるケースが多いです。
キャッシングでは、利息を払う分だけ損をします。
わずかな金額であっても、利息を支払わずに完済できるチャンスが与えられることは相応のメリットになります。

・無利息期間を設ける理由は?

なぜ、金融機関は利益の発生しない無利息期間を設けるのか気になりませんか?
その理由は「新規顧客の獲得」です。
借り入れをする場合、個人情報や収入証明によって借り入れを行い、カードの発行などの形で再度の借り入れも可能となっています。
重要なのはこの「再度の借り入れ」です。

前述の通り、キャッシングの利用のためには審査の手続きが必要になります。
しかし、カードローンのように限度額までなら追加借り入れのできるタイプのキャッシングであれば、追加借り入れに際して審査を必要とせず、ATMなどからお金を引き出すことで借り入れができます。

もし、金融機関からお金を借りなければならない時に「カードでATMからお金を借りることができる金融機関」と「これから審査申し込みをしなければならない金融機関」であれば、よほどの状況ではない限り前者を選ぶのではないでしょうか。
なぜなら、そのほうが手軽だからです。

もし、無利息期間中に完済したとしても、再度の借り入れを優先的に利用してもらえる可能性が高いことにより、金融機関側にはメリットが有るのです。
ほとんどの無利息期間は「初回の30日以内」であり、次回以降は普通に利息が発生するので利益を確保できます。

これを理解することで「利息を取らない?何のために?」と疑ってかかっていた人も、安心して無利息期間を設けているネットキャッシングを利用できます。

3:融資の方法(口座振込、カード発行)は自分向けであるか確認する

次に「融資の方法」について、きちんと調べた上で申込手続きを開始することです。
大きく分けると「指定口座への入金」か「カードを発行して、ATMなどからお金を引き出して借りる」の2種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、それを把握した上で自分がどちらの融資方法を選択すべきか理解する必要があります。

●口座振込が適しているのはどんな人?

まずは、融資の方法が「口座振込」に適している人について解説します。
この場合、本審査に通り、必要な手続きがすべて完了すれば指定口座に現金が入金されます。
営業時間や営業日等の都合もありますが、基本的に本審査通過から時間を要さず融資を受けられます。

その関係上、口座振込による融資が適しているのは「急いで現金を調達したい人」です。
カード発行の場合、そのカードを利用してATMから現金を引き出す形になるのですが、問題なのは「カードの入手方法」です。
多くの場合は「郵送」もしくは「無人機での発行」です。
後者の場合であれば最寄りの無人機まで出向けば良いのですが、中小の消費者金融のように自社の店舗や無人機をあまり持っていないところからお金を借りる場合でカード発行タイプの場合だと、郵送でカードが届くまでキャッシングを利用できません。

口座振込の場合であれば、本審査通過後すぐに融資を受けられるのでお勧めです。
ただし、口座の入出金の履歴にキャッシングの形跡が残ってしまいますので、家族バレのリスクを抱えることになります。
家族が通帳の中を見ない場合であればそのリスクは無視できます。

●カード発行が適しているのはどんな人?

次に、融資の方法が「カード発行」に適している人について解説します。
カード発行が有利なのは「今後も繰り返しその金融機関のキャッシングを利用したい人」です。
キャッシング用のカードは、それに対応した無人機やATMから現金を引き出すことができるようになります。

この利便性は、今後もキャッシングを利用することを想定している場合にメリットとなります。
飲み会などでちょっとした現金が必要になった、けれども十分なお金がお財布に入っていない、そんな時でもカードに対応したATMから現金が引き出せます。

キャッシングは、有り体に言ってしまえば「借金」です。
なので、どうしてもマイナスイメージを考える人が多いのですが、メリットとデメリットを十分に理解していればその利便性による恩恵を享受できます。

また、「融資をそこまで急いでいない」場合にも有効です。
カード発行までの時間、まだ現金が手に入らない状態でも構わないという場合は、口座振込のメリットが活かされません。
なので、カード発行のほうが何かと便利になるのです。

4:サイトの安全性を確認する

次に、「サイトの安全性」を確認するということです。
これには大きく分けて「サイトのセキュリティ」と「サイトの合法性」の2つの意味での安全性を問います。
基本的にこれは無視してもそこまで問題になることはないのですが、中堅以下の消費者金融を利用する際には十分注意しなければならないことになります。

●SSLは備えてあるか?

まずは「SSL」の問題です。
インターネットを利用する際には、パソコンにセキュリティソフトを導入しているだけでなく、利用するサイトのセキュリティについても考慮する必要があります。
一般的なサイトであればまだ不要なレベルではあるのですが、キャッシングの申し込みのように重要な個人情報を入力するサイトの場合はSSLが導入されていることが必須条件となります。

これは、サイトのアドレスを見ればわかります。「保護されている」や、アドレスの最初が「https」であればサイトのセキュリティは問題ありません。
大手金融機関のネットキャッシングの申し込みページであれば確認するまでもありませんが、中小の消費者金融だとSSLが用意されていない場合もありますので、個人情報を入力する前にセキュリティを確認しておきましょう。

●闇金やそれに近い業者ではないか?

もう一つは「闇金」などの違法な貸金業者ではないということを確認しておく必要があります。
これは、中堅以下の消費者金融を利用する際に特に注意する必要があります。

ネットでキャッシングの申し込みを受け付けている業者の中に、闇金が紛れていないという保証はありません。
とは言え、名前だけ聞いても「大手か、そうでないか」の違いは理解できても、違法な業者であるかどうかまでは判断できません。
これについては、後述の「口コミ」を利用することをお勧めします。

5:口コミサイトを確認する

最後に「口コミ」を確認しておくことです。ネット上にはさまざまなサービスに関する口コミが投稿されています。
ネットキャッシングも同様に、それ専用の口コミサイトも運営されています。

●大手ではない消費者金融の場合は必ず口コミをチェックする

口コミを確認するのは、特に「大手以外の金融機関からお金を借りようとする」場合です。
先程も「闇金」についての話を少し書きましたが、もし違法な条件でキャッシングの受付をしている場合、こうしたサイトに容赦なく口コミが投稿されるはずです。
つまり、口コミで優良な貸金業者であることをチェックすることができるのです。

また、口コミの投稿数の多さについても見ておきたいところです。
口コミの件数は、単純な計算ではありませんが基本的に投稿数が多いということは「利用者が多い」ということです。
利用者が多いのにはいくつかの理由がありますが、少なからず「自分にとっても都合が良い金融機関である可能性が高い」と推測することができます。

口コミの内容についても、数件はチェックしておきたいところです。
どういったところが良いと感じたのか、どんなところに不満を感じたのか、留意しなければならないポイントはどんな感じか、利用者だからこそわかる各種有力な情報を引き出すことができます。

まとめ

ネットキャッシングは利便性が高いですが、だからこそ利便性を最大限に活かすための注意や工夫は必要不可欠です。
「大手の金融機関だから」「利息が低いから」といった単純・単一の理由で決めるのではなく、どの業者であれば自分にとってもっとも便利にキャッシングを利用できるのかということを知ることが重要です。

まずは、自分がネットキャッシングを利用するにあたって「必須の条件」「優先したい条件」「不要な条件」をできる限り明確に把握することです。 あとは、それに合ったところを探して、ネットで申し込みを始めてください。
ネットキャッシングでは大手金融機関だけでなく、中堅の消費者金融の利用も視野にいれることになります。
不安を払拭するためにも、口コミなどの情報収集はきちんと行いましょう。


当サイト一押し情報をみる!

みんなが申し込んでいるのはココ!当サイトの申込数順ランキング!(2018年5月分)

  • アコム

    三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」。みなさんよく覚えている「はじめてのアコム~♪」というように、キャッシング初心者の人に特に支持されています。
    特に多くの人から支持されているのは、アコムならではの親切なシステム!例えば・・
    ★1:最短30分のスピーディーな審査で、即日は当然、最短1時間融資も可能!
    ★2:アコムの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は利息が0!全くかかりません!一応条件があって、アコムでのご契約がはじめてで、返済期日「35日ごと」で契約する必要があります。
    ★3:利息は日割り計算!毎月一気に利息がドン!と来るのではなく、月途中で返済すれば、その日までの利息しかかかりません。
    ★4:ネットやコンビニATMなどから、24時間借り入れ・返済可能!忙しいときにはとても便利!
    このように、アコム、いたれりつくせりのサービスがモットーですが、まずは3秒で結果がわかる「おためし診断」からはじめてみてはいかがでしょうか?ネットでのおためし診断→本審査申込と、とてもスムーズに契約まで移行できるので、ネットに不慣れな人でも迷うことなく操作できます!

  • プロミス

    最短1時間

    三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。最大の特徴は、その金利の低さ。大手の消費者金融で最高実質年率17.8%(最低4.5%~最高17.8%)なのはプロミスだけ。だから他と比べて利息が少なくて済むんですね。
    しかも今ならメールアドレスとWeb明細利用を登録すれば「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっているので、詳しくはキャッシング・消費者金融のプロミス公式サイトをチェックしてみてください!

    さらに、プロミスは借りる手順が多彩でとっても便利です。
    例えば、【即日でお金を借りたい場合】には以下のお金の借り方があります。
    ★平日14時までにWEB契約を完了すれば、その日に振り込みでの即日融資が可能。
    ★平日14時過ぎても、スマホなどで申し込みをして、審査完了後、お近くの自動契約機へいけば、キャッシングが可能です。自動契約機は全国に設置されています。
    土日祝日でもOK。その場合は平日14時過ぎの手順と同じで、申し込みをして、審査完了後、自動契約機へいけば、キャッシング可能。

    自動契約機の場合、基本郵送物もないので便利。
    さらに、「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっています。
    初めての方にはお得です!

    プロミスは自分のお金をライフスタイルにうまく取り込むためには最適なキャッシングサービスなので安心して使えます。
    女性でも安心のレディースローンもありますよ!
    プロミスのレディースローンは、対応してくれるオペレーターが全員女性。だから男性のようにツンケンしていないし、女性の立場になって親身に相談に乗ってくれるということもあって、お金を借りたいけれど、申し込むのはちょっと怖いかも・・という人に大人気なのです。
    そして、このレディースキャッシング、実は男性の利用が意外にもおおいのです。それは、男性でも対応は女性にしてもらったほうが気楽に申し込みができるかも・・もしかしたら審査が甘くなるかも(甘くはなりませんよ!)というイメージがあるから、のようです。
    レディースキャッシングだから男性が申し込んだら変?ということは決してありません。男性オペレーターが苦手な人は、思い切って女性に対応してもらうのもいいのではないでしょうか?

    LP_164x164_ladys
    スタッフは全員女性!親身の対応が希望の方はこちら→

  • ★NEW!!レイクALSA

    これまで多くの人に親しまれてきた「レイク」が生まれ変わりました!その名も「レイクALSA」といいます。
    この新しくなった「レイクALSA」、大きな特徴は、今のIT時代、スマホ世代に合わせた、より便利なサービスを提供している、という点にあります。
    例えば、申し込みの時間が8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)の間であれば、申し込み手続き完了と同時にスマホ画面に審査結果が表示されます!
    また、無事契約成立して、キャッシングを行う際も、カードは不要!スマホから振込の依頼をすることができます。

    もちろん、以前のレイクで好評だった「利息0」のサービスは継続。具体的には、
    1:契約額1~200万円の方!初めてなら!お借入れ額のうち5万円まで180日間利息¥0
    5万円以上のお借入れもOK!初回契約翌日から無利息5万円超分は通常金利適用
    2: 初めてなら!お借入れ額全額30日間利息¥0
    初回契約翌日から無利息無利息期間経過後は通常金利適用
    いかがですか?かつてのレイクにあった嬉しいサービスは、ちゃんと引き継がれているのです。
    これなら、「お金を借りたいけど、利息が・・」という悩みもなくなりますよね。

    このように、スマホ時代に対応した新しさと、変わらぬ優しさが一緒になった「レイクALSA」、特に忙しい毎日を過ごしている人にオススメです!

  • SMBCモビット

    200x200 オリコン

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が
    株式会社SMBCモビットに変更になりました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    竹中直人さんのCMでおなじみのカードローン「SMBCモビット」。
    オリコン調査での顧客満足度ナンバー1のモビットは、業界に先駆けて先進的なサービスを提供してきました。
    特に有名なのが、「Web完結」というサービス。
    これは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っていれば、わずらわしい郵送物や電話のやり取りなどをせずに、ネットで全ての申込みが完結するというサービス
    。 これは、カードローン審査の際のさまざまな「面倒」から解放されるという、とても画期的なサービスでした。

    そんなモビットが、また新しいサービスをはじめました。
    それが「スマホATM取引」というサービス。
    これは、全国にあるセブン銀行のATMであれば、面倒なATMの操作をせずに、自分のスマホのモビットアプリからATMを操作できる、というもの。
    これなら、時間がなくて、すぐにお金を引き出したいときには、すごく便利ですよね!
    まだまだ新しいサービスがどんどん増えていく「SMBCモビット」
    その便利さを実感してみてはいかがですか?

いかがですか?

こちらで紹介させていただいている金融機関は、いずれもしっかりとした経営の一流企業。
こうした企業からお金を借りることで、あなたのステータスもアップすること間違いなしです!
そして、くれぐれもお金は計画的に利用するようにしてくださいね!

このページの先頭へ