キャッシング会社を見極めて賢くお金を借りよう

賢くお金を借りるコツというのは、キャッシング会社が求めていることを見極めるということになります。

基本的にキャッシング会社が求めている利用者というのは、返済能力を有している人というようになっていて、返済能力が無い人には、お金を貸してくれることがありません。

返済能力というのは、簡単に言えば、お金を稼ぐ人や、ローンの返済などで家計が圧迫されていないような人のことを指していて、このような人の場合はキャッシング会社を利用する必要が無いというように見えてしまいますが、キャッシング会社が求めているのは、このようなステータスを持っている人だということです。

バブル崩壊後に良く叫ばれていた言葉の中に、「銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げるのが仕事だ」というような話を耳にした方も多いと思われます。

これは、お金を借りる必要が無い人にお金を貸し付けて、本当にお金を貸して欲しい人には、お金を貸さずに追い出すというような風刺について叫ばれたものになっていて、キャッシング会社に関しても同じような仕組みになっていることが特徴的です。

こちらでは、キャッシング会社のどのようなポイントを見極めることによって、賢くお金を借りることができるのかということについて詳しく紹介していきます。


日本にはお金を借りることができる企業が数百社以上存在している

日本には、お金を借りることができる企業が数百社以上も存在しているということについては、認識しているでしょうか?

一般的によく知られているのは、大手の消費者金融や、都市銀行が提供している個人向けのカードローンだと思われますが、その他にも中小企業の消費者金融や、地方銀行などでも個人向けのローン商品を展開しています。

そして、それぞれのキャッシング会社には、様々な特徴があり、条件も異なるということになりますが、条件を満たすことができれば、どこのキャッシング会社でもお金を借りることができるということです。

しかし、一般的に知られていないことから、大手の消費者金融や都市銀行の個人向けのローン商品よりもメリットが大きくなっているローンについて利用できるのにも関わらず利用しない人が多いのも事実です。

お金を貸し付けることによって利益を生み出す貸金業者の多くは、お金を貸すことができる人を求めています。

しかし、宣伝力が低く、利用者の多くが大手の消費者金融や都市銀行に流れてしまうために、貸し付けたくても貸すことができる相手が来ないというような状況になっています。

そのため、地方の消費者金融や地方銀行の中には、個人向けのローン商品から撤退するような事態も頻繁に起こっていますので、賢くお金を借りるためには、貸金業界の全体を見渡して、自分にとってベストなキャッシング会社を選ぶことから始めなければいけません。

同じ金額を借りる場合でも、大手よりも中小の方が借りやすい

お金を借りたいと思っている人にとって、優先しなければならないことは何でしょうか?

審査の通りやすさ、高い利用限度額を設定されること、低い貸付金利で利用することができること、いつでもどこでも借り入れや返済をすることができる利便性など、様々な優先事項があると思われますが、何を優先するのかということについては、その人の状況によって大きく異なることになります。

ここで例えば、審査の通りやすさを優先する場合に、チェックしなければならないポイントというのは、各ローン商品に設けられている利用条件となっています。

しかし、利用条件というのは、あくまでも最低限の条件が公開されているだけとなっていますので、公開されている利用条件を満たすことができても、審査に通過することができないというようなことは、よくある話です。

そのような場合にオススメなのは、大手の消費者金融や都市銀行のローン商品を利用するのではなく、地方の消費者金融や地方銀行、信用金庫などの個人向けのローン商品を利用することを考えるということです。

上記でも紹介したように、地方の消費者金融や地方銀行というのは、貸し付けをしたくても、利用者が来ないために貸し付けをすることができないような状況になっていますので、放って置いても利用者がやって来る大手の消費者金融や都市銀行のローンよりも審査が緩く設定されていることが多いです。

例えば、大手の消費者金融や都市銀行のカードローンを3~4社ほど利用していると、新規の借り入れをすることができないような状況に追い込まれてしまいますが、地方の消費者金融や地方銀行の場合は、この状態でも新規の借り入れをすることが可能になっているケースも多くなっています。

それならば、初めから地方の消費者金融や地方銀行のローンを利用することによって、さらに審査が通りやすくなるというのは、当然のことになっていますので、賢くお金を借りるためには、今まで自分が知らなかった世界を知ることが重要だということになります。

次に、利用限度額の設定についてですが、消費者金融や信販会社が提供している個人向けのローン商品を利用する場合には、総量規制の問題がありますので、年収の3分の1を超えて利用することは不可能となっています。

そのため、年収が300万円までの方は100万円までの利用限度額となり、年収が600万円の方は200万円までの利用限度額ということです。

この金額は、利用限度額の最大金額ということになりますので、実際には最大値の8割ぐらいが最高だとされていますので、この金額からさらに減少することになります。

この総量規制による制限を解消することができるのが、銀行からの融資と、利用者が一方的に有利になるような借り換えのためのローンということになります。

そのため、高い利用限度額を設定して欲しいということが優先事項となっている人の場合は、基本的に銀行からの融資以外に選択肢がないということです。

銀行からの融資に関しては、審査が厳しくなっているために、無理だと最初から諦めてしまっている人も多いですが、銀行からの融資で審査が厳しくなっているのは、大手の銀行が提供している利用限度額が大幅に多くなっているようなローン商品です。

そのため、地方銀行が展開しているような個人向けのローンの場合は、それほど審査の難易度も高くなっていないために、審査に通過することができる可能性も高いということに繋がります。

次に、貸付金利をできる限り低くして、支払う利息を最小限にしたいという方にオススメなのは、銀行または信用金庫が提供している個人向けのローン商品となっています。

消費者金融や信販会社が提供しているローン商品の場合は、下限金利が低くなっていることが特徴的ですが、実際に利用した場合に下限金利が適用されることはありません。

それよりも、上限金利が圧倒的に高く設定されていて、その上限金利が適用される可能性のほうが遙かに高くなっているために、消費者金融や信販会社が提供しているローン商品に比べると、銀行や信用金庫が提供しているローン商品のほうが貸付金利の上限金利が低いために安心することができます。

銀行や信用金庫が提供している個人向けのローン商品の中には、上限金利が年10%を切るようなローン商品も多くなっていますので、同じ金額を消費者金融や信販会社から借りるよりも利息が半分以下になることも珍しいことではありません。

最後に、利便性を優先したいという方に確認してもらいたいのが、利便性として求められるのは、主に借り入れ方法の多様性と、返済方法が充実していることの2点だと思われます。

近年ではどのキャッシング会社でも、コンビニATMから借り入れをすることが可能だったり、インターネットバンキング機能を使うことによって、どこでも指定した金融機関の口座に送金することによって借り入れをすることができたりと、借り入れ方法については、キャッシング会社同士の違いが無くなりつつあります。

そのため、借り入れ方法については、原則として日本全国のどこに行っても利用することができるということが挙げられますので、肝心なのは返済方法となります。

大手の消費者金融や都市銀行が提供しているような個人向けのローン商品の場合は、あらゆる返済方法が完備されているために安心することができますが、地方の消費者金融や地方銀行、信用金庫などの場合は、返済方法が充実していないケースも多く、銀行口座からの引き落としのみでの返済だったり、繰り上げ返済をするためには手数料が発生したりと、色々と不便なことも多くなっています。

しかし、全ての地方消費者金融や地方銀行の返済方法が不便だということもありませんので、返済方法が自分に合っている貸金業者を見つけることによって、全ての条件を満たすことも可能です。

これらのことから、賢くお金を借りるためには、大手の消費者金融や都市銀行だけではなく、地方のことにまで注視することによって、利用者のメリットが大きくなるということについて知っておいて下さい。

キャッシング会社が求めている人になることで容易に借りられる

日本には多くのキャッシング会社が存在しているために、自分が定めている狭い世界の中だけに存在するキャッシング会社だけではなく、全体を見渡すことによって、より賢くお金を借りることができるということについては、気付いてもらえたと思います。

そこでこちらでは、それぞれのキャッシング会社が求めている人になることによって、容易に借りることができる方法について紹介していきます。

まずは一般的にキャッシング会社が求めているお金を貸し付けたい人というのは、上記でも紹介したように、返済能力を有している人ということになりますが、返済能力を測るために用意されている審査だけでは知ることができない要素について紹介していきます。

キャッシング会社が設けている一般的な審査で知ることができるのは、申し込み者の表面的な情報のみとなっていて、キャッシング会社は、その表面的な情報のみで判断をすることで貸し付けをすることができるかどうかを調べているということになります。

そのため、同じような状況にある人でも、少し視点を変えるだけで返済能力を有していたのにも関わらず、定められた審査では返済能力の有無を判断することができなかったということで弾かれてしまうというものになっています。

それでは、どのような人になることによって、キャッシング会社が求めている審査基準をクリアすることができるのかというと、この方法は信販会社系もしくは銀行系のローン商品にしか使うことができない方法となっています。

例えば、信販会社系列のローン商品というのは、クレジットカードの付随しているタイプの商品が多くなっていて、クレジットカードというのは、日本で行われているほとんどの支払いで使用することができます。

例えば、家賃や光熱費、携帯電話料金の支払いや、日常的な生活用品や食料品の購入など、ありとあらゆる支払いをクレジットカードで支払いをすることができるということになりますが、この情報というのは全てを集めると、その人の生活スタイルを浮き彫りにするものになります。

そうすることによって、「この人なら、いくらまで貸し付けをしても返済をすることができる」というような情報を集めることができますので、信販会社系列のローン商品を利用する場合には、その会社のクレジットカードを日常的に使用することによって、返済能力を有している人というように判断してもらうことが可能です。

銀行系に関しても同じことになっていて、給料の振込から家賃や光熱費の引き落としなどの登録を、その銀行の口座に指定することによって、その人の生活を浮き彫りにする事ができますので、信販会社系列のローンと同じような判断をしてもらうことが可能になります。

また、銀行系の個人向けローン商品の場合には、その銀行のサービスを利用することによって、優遇されるケースも多くなっていますので、このようなテクニックを駆使することによって、賢くお金を借りることができるということに繋がります。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

日常的に目にしている消費者金融や銀行のローン商品に関するテレビCMや雑誌の宣伝などで紹介されていないようなことも多かったと思いますが、キャッシング会社を利用するという場合には、自分が知っていることだけではなく、自分の知らないことを知ることによって、より賢くお金を借りることができるということに繋がります。

大切なのは情報となっていますので、自分の知らないことでも色々なことに手を出すようにして下さい。



みんなが申し込んでいるのはココ!当サイトの申込ランキング!(2018年9月)

  1. アコム

    三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」。みなさんよく覚えている「はじめてのアコム~♪」というように、キャッシング初心者の人に特に支持されています。
    特に多くの人から支持されているのは、アコムならではの親切なシステム!例えば・・
    ★1:最短30分のスピーディーな審査で、即日は当然、最短1時間融資も可能!
    ★2:アコムの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は利息が0!全くかかりません!一応条件があって、アコムでのご契約がはじめてで、返済期日「35日ごと」で契約する必要があります。
    ★3:利息は日割り計算!毎月一気に利息がドン!と来るのではなく、月途中で返済すれば、その日までの利息しかかかりません。
    ★4:ネットやコンビニATMなどから、24時間借り入れ・返済可能!忙しいときにはとても便利!
    このように、アコム、いたれりつくせりのサービスがモットーですが、まずは3秒で結果がわかる「おためし診断」からはじめてみてはいかがでしょうか?ネットでのおためし診断→本審査申込と、とてもスムーズに契約まで移行できるので、ネットに不慣れな人でも迷うことなく操作できます!

    「アコム」について詳しく解説します

    「アコム」のよりオトクなサービスの解説はこちら!

  2. プロミス

    最短1時間

    SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。最大の特徴は、その金利の低さ。大手の消費者金融で最高実質年率17.8%(最低4.5%~最高17.8%)なのはプロミスだけ。だから他と比べて利息が少なくて済むんですね。
    しかも今ならメールアドレスとWeb明細利用を登録すれば「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっているので、詳しくは→キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイトをチェックしてみてください!

    さらに、プロミスは借りる手順が多彩でとっても便利です。
    例えば、【即日でお金を借りたい場合】には以下のお金の借り方があります。
    ★平日14時までにWEB契約を完了すれば、その日に振り込みでの即日融資が可能。
    ★平日14時過ぎても、スマホなどで申し込みをして、審査完了後、お近くの自動契約機へいけば、キャッシングが可能です。自動契約機は全国に設置されています。
    土日祝日でもOK。その場合は平日14時過ぎの手順と同じで、申し込みをして、審査完了後、自動契約機へいけば、キャッシング可能。

    自動契約機の場合、基本郵送物もないので便利。
    さらに、「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっています。
    初めての方にはお得です!

    プロミスは自分のお金をライフスタイルにうまく取り込むためには最適なキャッシングサービスなので安心して使えます。
    女性でも安心のレディースローンもありますよ!
    プロミスのレディースローンは、対応してくれるオペレーターが全員女性。だから男性のようにツンケンしていないし、女性の立場になって親身に相談に乗ってくれるということもあって、お金を借りたいけれど、申し込むのはちょっと怖いかも・・という人に大人気なのです。
    そして、このレディースキャッシング、実は男性の利用が意外にもおおいのです。それは、男性でも対応は女性にしてもらったほうが気楽に申し込みができるかも・・もしかしたら審査が甘くなるかも(甘くはなりませんよ!)というイメージがあるから、のようです。
    レディースキャッシングだから男性が申し込んだら変?ということは決してありません。男性オペレーターが苦手な人は、思い切って女性に対応してもらうのもいいのではないでしょうか?

    LP_164x164_ladys
    スタッフは全員女性!親身の対応が希望の方はこちら→

    「プロミス」について詳しく解説します

  3. アイフル

    アイフル

    このサイトでは「借りやすい」とか「審査が通りやすい」というようなことをあまり言わないようにしていますが、具体的な数字を言うと、アイフルの審査通過率は、消費者金融の中でもトップクラス!誰でも必ず審査が通る!ということは決してありませんが、挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

    また、「最短30分で審査完了」「即日融資可能」「Web完結」「カードレスキャッシング可能」など、大手の消費者金融が行っているサービスはほぼ網羅しています。
    さらに通常金利が実質年率3.0~18.0%なのですが、借り換えローンの場合金利が実質年率最大15.0%に軽減されます!なので、他者に借り入れがあって、金利に困っている人は、借り換えが可能かどうか、いちどチェックしてみるのもいいかもしれません!

    「アイフル」について詳しく解説します

  4. レイクALSA

    これまで多くの人に親しまれてきた「レイク」から生まれ変わった「レイクALSA」。CMなどで目にすることもあったかと思います。
    この新しくなった「レイクALSA」、現在、借りるなら今のうち!のとても嬉しいキャンペーンを行っています。
    なんと、これまでの利息無料期間が、9月3日から11月30日まで大幅に変更になるのです!
    具体的には、これまでの無利息期間の条件は、
    1:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額のうち5万円まで180日間利息¥0
    5万円以上のお借入れの場合、初回契約翌日から無利息5万円超分は通常金利適用
    2:はじめての借り入れの場合、お借入れ額全額30日間利息¥0
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    ・・のどちらかを選択することができたのですが、
    2018年9月3日から11月30日までの期間は
    1:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額のうち5万円まで180日間利息¥0
    5万円以上のお借入れの場合、初回契約翌日から無利息5万円超分は通常金利適用
    2:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額全額60日間利息¥0(30日間無利息、180日間無利息との併用不可)
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    3:はじめての借り入れで、契約額が200万円を超える方は、お借入れ額全額30日間利息¥0
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    以上の1~3から1つを選ぶことができるようになっています。
    注目なのは
    2:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額全額60日間利息¥0
    の項目。
    これを選択した場合は、「5万円まで180日間利息無料」は選択できませんが、60日=約2ヶ月間無利息期間があるのです。(30日間無利息、180日間無利息との併用不可)
    これだったら、秋にお金を借りて、冬のボーナスで返済・・というのも可能。
    夏にお金を使いすぎちゃったけど、しばらくはまとまってお金を返すあてがない!という人は、検討してみてはいかがでしょうか。
    これ以外にも、「レイクALSA」大きな特徴として、今のIT時代、スマホ世代に合わせた、より便利なサービスを提供している、という点があります。
    例えば、申し込みの時間が8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)の間であれば、申し込みお申込み後、最短15秒でスマホ画面に審査結果が表示されます!そして、Webでお申込みからお借入れまで最短60分融資も可能!これは早いですよね!
    また、無事契約成立して、キャッシングを行う際も、カードは不要!スマホから振込の依頼をすることができます。
    このように、スマホ時代に対応した新しさと、変わらぬ優しさが一緒になった「レイクALSA」、特に忙しい毎日を過ごしている人にオススメです!

    「レイクALSA」について詳しく解説します

  5. SMBCモビット

    200x200 オリコン

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が
    株式会社SMBCモビットに変更になりました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    竹中直人さんのCMでおなじみのカードローン「SMBCモビット」。
    オリコン調査での顧客満足度ナンバー1のモビットは、業界に先駆けて先進的なサービスを提供してきました。
    特に有名なのが、「Web完結」というサービス。
    これは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っていれば、わずらわしい郵送物や電話のやり取りなどをせずに、ネットで全ての申込みが完結するというサービス
    。 これは、カードローン審査の際のさまざまな「面倒」から解放されるという、とても画期的なサービスでした。
    そんなモビットが、また新しいサービスをはじめました。
    それが「スマホATM取引」というサービス。
    これは、全国にあるセブン銀行のATMであれば、面倒なATMの操作をせずに、自分のスマホのモビットアプリからATMを操作できる、というもの。
    これなら、時間がなくて、すぐにお金を引き出したいときには、すごく便利ですよね!
    まだまだ新しいサービスがどんどん増えていく「SMBCモビット」
    その便利さを実感してみてはいかがですか?

    「SMBCモビット」について詳しく解説します