消費者金融の女性への対応

プロミスレディース

最近は女性がお金を借りやすくなってきています!

今の人は知らないかもしれませんが、昔は女性がお金を借りるのはとても大変でした。
女性の多くは専業主婦になっていたので、収入がないため、借り入れをすることができなかったのですね。
また、お金を借りる先も、あまり世間体がいいところではありませんでした。
例えば、消費者金融は昔「サラ金」と言って、ちょっと後ろ暗いイメージがあったものです。
よく「サラ金に手を出して」などと非難されたりもしていたのですね。
借りるのは、生活に困った男性サラリーマン、というイメージでした。

それに、消費者金融は金利が異常に高く、もし借りたら莫大な利息を返済するために四苦八苦。それに取り立ても厳しく、本当にマンガやドラマの中の世界のようなことが実際に起きていたのです。

でも、今は違いますよね!消費者金融の多くは大手都市銀行の傘下に入り、法律の定めた金利以上を取ることはできなくなりました。
そうした変化とともに、顧客も男性サラリーマンから、女性をいかに取り込むか、ということに各社力を入れ始めるようになりました。
また、女性の方も、社会進出が進んだことで、お金を借りやすい状況になっています。
自分で借りたお金を稼いで返す、ということができるのが当たり前になってきているのですね。

そうした、女性とお金を取り巻く環境の変化に、銀行や消費者金融はどのように対処しているのでしょうか?
ここでは、そうした消費者金融の女性対応について、解説していきます。


消費者金融の女性への対応はまだ始まったばかり

このように、消費者金融はいま女性顧客の獲得に力を入れています。
CMで女性への好感度が高いタレントを起用したりして、ソフトなイメージを前面に打ち出していますよね。
そして、なによりも女性を対象にしているのが、「レディースキャッシング」という、女性専用の窓口。名称は違いますが、こうした女性専用の窓口を各社設けるようになっています。
この女性専用窓口では、多くの場合担当者が女性のみで構成されていて、女性のお金の悩みに対して同性ならではの親身の対応をしてくれる、というメリットを前面に打ち出しています。
だから女性であってもお金を借りやすいようになってきているのですね。

ただ、まだこうした取り組みははじまったばかり。
正直、多くの消費者金融のレディースキャッシングは、たしかに女性が借りやすいサービスにはなっていますが、もう一歩踏み込んだ、女性だけの優遇措置やサービスというところまでは至っていません。
これは、今後女性の利用がますます増えてくれば、改善されてくるのではないでしょうか。

各社の女性専用窓口の状況

大手キャッシングの女性専用の窓口については、このようなものがあります。

  • プロミスの「プロミスレディースキャッシング」
  • アコムの「働く女性のカードローン」
  • アイフルの「女性専用ダイアル」

こうした女性専用窓口では、会社でフルタイムで働く女性はもちろん、バイトやパートの女性でも借りられるように配慮をしてくれています。
中でもおすすめは、プロミスのレディースキャッシング。

LP_164x164_ladys
(↑こちらから申し込みできます)

ここの対応はとても良く、いい意味で消費者金融のイメージが裏切られます。
女性スタッフは丁寧な対応だけでなくお金に対する知識もあるので、まるでお金に関するコンシェルジュサービスを受けているような気持ちになると思います。
「お金を借りる」といってもいくら借りればいいのか、どのように返せばいいのか、注意すべき点はないのか、いろいろ難しい問題が横たわっています。
そうした難問に対して、なんの知識もないと、無駄に借金が増えることになります。
そのような状況にならないためにも、女性スタッフにまずは悩みを相談してみてはいかがでしょうか。
お金を貸す貸さない以前に、悩みを打ち明けることで、心が軽くなる効果がありますよ。

ちなみに、このプロミスのレディースキャッシング、こっそり男性も使っているらしいですよ。
通常の窓口よりも対応が丁寧でソフトなので、気持ちよく借りられる、というのがその理由のようです。

女性専用窓口の実態:本格化するのはこれから?

このように、大手の消費者金融は女性専用の窓口を設けることで女性顧客を取り込もうとしています。
ですが、たしかに女性専用窓口だとスタッフも女性で、女性同士で分かり合える、ということはありますが、女性専用窓口を経由すれば審査が甘くなるとか、融資額が増えるということはありません。
また女性特有の悩みに対応した金融商品があるわけではありませんし、女性が持ってもおしゃれなキャッシングカードのデザインもほとんどのところでは採用されていません。
つまり、まだまだ女性のことを本気で考えている、とまでは行っていないのが実情なのです。
これでは、まだちょっと消費者金融のイメージを変えるには弱いですね。
消費者金融が本当に女性のためになるサービスを提供するというのは、今後の課題になってくるようです。