あなたの家のダイニングをスタバの100倍おシャレにする方法(新宿区民は無料で)

最底辺ですが、やっぱり音楽は生活には無くてはならない存在。
いまでもCDはよく買いますし、音楽配信も有効活用している。
仕事が捗る音楽もあるし、寝る前にリラックスする音楽もある。音楽がないと一日が味気なくなってしまう。
やっぱり音楽の存在は大きいです。

中でも、食事中やおやつを食べるときにかける音楽は重要。
食事の時に心地よい音楽を聞きながら食べていると、それだけで気分が良くなってくる。楽しくなってくる。気持ちが高揚する。
その気持ちは、おシャレなカフェに行ったり、スタバでまったりしていると、よくわかると思います。
スタバが居て気分がいいのは、その内装インテリアだけじゃなくて、BGMによる部分が大きい、というのは間違いないと思います。

でも、じゃあどんな音楽を食事中にかければいいの?
家をおシャレにする音楽って、どんなのがあるの?
スタバみたいにしたいけど、どうすればいいの?

そんな時にいちばん手っ取り早いのは、
「Cafe apres midi」シリーズのCDを入手すること。
これだけで、家の中が一気におしゃれカフェに 大変身しますよ!

「Cafe apres midi(カフェ・アプレミディ)」というのは、様々な曲を詰め込んだ、オムニバスCD。
コンセプトは、渋谷に実在するカフェ「カフェ・アプレミディ」でかかっているような音楽を家で再現する、というもの。
o0600060012888963434
このカフェ・アプレミディはシリーズになっていて、全部で20枚ぐらいあるんじゃないかな。
それらのCDはどのタイトルを選んでもとにかくすごくて、1曲めからおシャレな音楽が満載。全曲おシャレ。まるでスタバにいるかのように錯覚してしまう。いや、それ以上。
本当に心からリラックスできて、一緒にハミングしたくなるような曲ばかり。
例えば、こんな曲とか。
Gilberto Gil”Roda”

Kenny Rankin”Haven’t We Met”

Salt Water Taffy”Finders Keepers”

Sergio Mendes & Brasil ’66″Tristeza”

Chet Baker”Look For The Silver Lining”

どうですか?どれもとってもおシャレでかわいい曲ばかりでしょう?
こんな曲が1枚のCDに約16~20曲ぎっしりと詰まっています。

このカフェ・アプレミディシリーズのCDですが、廃盤になっているものも多く、購入はアマゾンのマケプレなどで購入できますが、なんと、新宿区の図書館にはこのカフェ・アプレミディシリーズのほとんどのCDが収蔵されています。
ですから、これを取り寄せれば、購入費用はゼロ!
ネットでも予約できますよ。
新宿の図書館の予約はこちらから
http://www.city.shinjuku.lg.jp/library/index.html
貸出可能のCDはこんな感じで検索結果として出てきます。
shinjukuapresmidi
なので、このCDを片っ端から借りて、パソコンに取り込んで、iPodとかに落として家のダイニングのBGMにすれば!もう!スタバいらず!
安物のインスタントコーヒーが「スターバックスラテ」に、ティーバッグの紅茶が「スターバックスティーラテ」に変身しますよ!
(新宿区以外でも、収蔵されている自治体はあると思うので、ダメ元で検索してみてください)

そして、このカフェ・アプレミディのいいところは、このCDを出発地点として、グッドミュージックを探す最高のナビになってくれるところ。
好きなアーティストがいたら、そのアーティストのアルバムを集めていくと、いつの間にか音楽通になっているという。

最初にも書いたように、自分にとって音楽は無くてはならない存在。音楽があるから生活にハリが出る。
その音楽の素晴らしさを、この「カフェ・アプレミディ」シリーズを通して知っていただければ、とても嬉しいです。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ