お金をかけずにカサカサ・カユカユを撃退する方法!

乾燥しやすい季節の美容の裏技お届けします!

冬は空気が乾燥していますよね。
そうなると、手や足や顔が・・・どうしてもカサカサしてしまう。
手あれ・足あれ・顔あれです。

ドラッグストアーなどではそうした手あれなどのカサカサに効く!というクリームを売っていますが、そんな高いクリームを買わなくても、身近にあるアイテムを使って、お金を使わずにカサカサを撃退することは可能ですよ!

そして、冬から春にかけて、もう一つ悩ましいのが目のカユカユ
花粉症
これはもう、悩ましいなんてものじゃないですよね。世の中を呪いたくなる。

このカユカユに関しては絶対的な治療法は今のところないのですが、これも身近なアイテムを使って少しでも軽減させることは出来ます。
わざわざドラッグストアーで「ア○ボン」を買う必要はないのです!

お金をかけずに!冬のカサカサ対策!

☆唇のケア方法

乾燥で唇の皮がむけた時には、刺激の少ない食用のオリーブオイルなどを綿棒につけて、円を書くようにマッサージをして取るようにしましょう。
無理にはがすのは禁物です。
リップクリームの代わりに、はちみつを塗るのもおすすめです。

☆頭皮や髪の毛がかゆいときのケア方法

花粉などを浴びると頭皮がかゆくなることがありますが、頭皮が弱っているときに洗浄力の強いシャンプーで洗うと、頭皮にダメージを与えてしまいます。
かゆみがあるときは洗面器にお湯を入れ、塩を少し入れて洗うとかゆみがやわらぎます。

☆手を美しくする方法

手あれ
乾燥のために手荒れが気になるときは、うどんやそばのゆで汁で手浴をするとしっとりします。
ゆで汁の中のグルテンなどのタンパク質やデンプンが、しっとり効果をもたらすようです。
その後は手持ちのハンドクリームで、指を1本ずつていに回しながらぬるようにします。

☆ひじ、ひざのケア方法

乾燥するとひじやひざが粉をふいたような状態になったり、黒ずむことがあります。
そんなときのケアは、お風呂上りにレモンのヘタでこすります。
レモンのビタミンCの効果でツルツルになります。

☆かかとを美しくする方法

足の裏は体を支えているために負担がかかり、角質が厚くなってしまいます。
特に乾燥する季節は、あれがひどくなります。
いったん固くなった角質は足浴をしてかかとを柔らかくし、一度水分をふき取ってから、オリーブオイルなどをなじませて、目の細かい軽石で優しく一定方向にこするときれいになります。
それでも効果が出ない場合は、足の裏パックをするとずいぶんすっきりします。
土踏まずをのぞいた部分にハンドクリームをたっぷりぬって、ラップで覆って10分ぐらい待ちます。
そのあと再度、軽石で足の裏全体をこすって角質を取りのぞいたあと、マッサージをしてからて靴下を履いて寝ます。
*足に使用するハンドクリームは、100円均一などの安価なものでも十分保湿効果が得られます。

冬~春のカユカユ対策!

☆目元のケア方法

春先には目も乾燥します。
美しい瞳を保つためには、朝起きた時や外出から帰った時に番茶の薄めたもので目を洗うと、潤い効果と殺菌効果があります。
洗面所に専用の盃をおいて置き、それを当ててパチパチして目を洗うとよいでしょう。
また、入浴時に熱いお湯で温湿布をして次に冷たい水で冷湿布をすると疲れが取れ、眼球のピントが整います。

お金をかけないカサカサカユカユ対策。いかがですか?

わざわざ時間とお金をかけて専門のエステを受けなくても、家にあるものを使って綺麗を保つことができます。
しかし、節約ばかりではつまらないときもあります。
普段はまめに自分でお手入れをして、お誕生日など特別な日には自分へのご褒美として、専門のエステを受けるのもいいかもしれません。
節約を地道に続けて貯蓄を増やすコツは、案外メリハリのある「節約上手な暮らし方」かもしれません。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ