ゼロ円でマイナス10歳の若さを手に入れる!~ゼロ円美活~

ゼロ円美活のすすめ
あなたは、自分の美容、美活にどれぐらいの費用をかけていますか?
1万円?5万円?10万円?それ以上もっと・・・?
女性であれば、みなさん多くのお金を自分の美しさ、美活に費やしていると思います。
でも、それって、本当に必要なお金なのでしょうか?
もしかしたら、ただ単にテレビや雑誌の広告に乗せられているだけ?かもしれませんよ!

こうした行き過ぎた美活の流行に対して、逆に昔ながらの健康法や美容法が見直されてきています。
肌年齢だ美白だSPFだといった表面的な宣伝広告に躍らされるのではなく、自分の健康と美容は自分自身で手に入れようと、努力をしている人がものすごい勢いで増えているのです。
これは一例なのですが、自分には長年看護師をしてきた知人がいるのですが、彼女は退職後にかなりの自己投資をして全身美容に励みました。おそらく100万円の単位は美活に使っていたのではないでしょうか。
その彼女が1年後にたどり着いた美容法は、卵の薄皮をはがして目じりに貼って小ジワを取ったり、ユズの種を利用して作った化粧水で保湿をするといった昔ながらの美容法でした。
看護師をしていて、薬学にも強い彼女が最終的に選んだのが、おばあちゃんの知恵的なお金のかからない美容方法だったのです。

自分自身の美容に何十万円もかけてきた人の結論が、ほとんどお金のかからない「ゼロ円美活」だったというのは、とても示唆に富んでいますね。
そう、美活は、実はほとんどお金をかけずに実行することが可能なのです!
何万円もする美容液も、何十万円もするエステも、本当は必要ないのかもしれません。
ここでは、そんな「お金をほとんどかけずに美しくなる」ゼロ円美活のアイデアをご紹介します。
主に活躍するのが、庭で育てれば全くお金がかからないハーブ類
店で買えば高価なハーブのエッセンスも、庭で育てたハーブを使えばタダ同然
ここでは、そんなゼロ円美活に役立つハーブの使い方を解説していきたいと思います。


☆庭のハーブを使って若返る「ゼロ円美活」

<ローズマリー>

ローズマリー
ローズマリーはラテン語で「海のしずく」というそうです。
ローズマリー水で若さを取り戻したハンガリーのエリザベート王妃が、77歳の時にポーランド王に求婚されたという逸話があります。そのぐらい古代からローズマリーは美容に良いとされてきました。
ローズマリーは、ミネラルウオーターに一枝入れて飲むなどの他、魚や肉を焼くときに使ったり、靴箱に入れて防臭剤がわりにも使えます。
もし一鉢ハーブを育てるのなら、常緑で花も楽しめるローズマリーが断然おすすめです。
「ゼロ円美活をはじめるなら、まずはローズマリーから!
比較的育てやすいハーブでもありますし、ここからはじめるのがおすすめです。

・ローズマリーの効能
ローズマリーは、抗酸化作用が高く、「若返りのハーブ」とも呼ばれています。
昔から多くの女性が若さを維持するためにローズマリーを使っていました。
また、肌を引き締める作用があるので、脂っぽい肌をさっぱりとキレイにしてくれます。それは、レストランでフィンガーボウルにローズマリーを入れることからもお分かりになるかと思います。
また、記憶力や集中力を高め、軽いうつや認知症にも効果があると言われています。
その他にも頭痛や花粉症、コレステロール値の改善にも良いようです。

・ローズマリーの利用法

  1. ローズマリーティー:ローズマリーの新芽を少量、紅茶のパックと一緒にポットに入れてお湯を注ぎ蓋をして3分ほど蒸らし、いただきます。
  2. ローズマリーウオーター:ローズマリーを煮だし、茶こしでこして冷蔵庫で保存し手足の保湿水やリンス代わりに使います。(防腐剤が入っていないので早めに使い切りましょう)
  3. ローズマリーのセルフエステ:ローズマリーを2枝ほど洗面器に入れ、やかんなどでお湯を注ぎます。頭からすっぽりとバスタオルをかぶり、顔に湯気を当てます。お肌がしっとりとするだけでなく、風邪や花粉症による鼻づまりに効果があります。

*ローズマリーは、基本的に妊婦さんや子どもの使用は避けた方が無難です。
また、肌の弱い人が化粧水代わりに使うと刺激が強すぎる場合もあるため、二の腕などでパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

<アロエ>

アロエ
アロエがハーブ?タコが手足を伸ばしたような面白い形のアロエも実はハーブの仲間なのです。
しかもこのアロエ、かの有名なクレオパトラが美容と健康の為に用いていたというのですから驚きです。
アロエは「医者いらず」と言われるほど効果効能があり、昔から代替医療として民間治療に利用されていました。
アロエは約600種類もあるそうですが、一般的に食用や薬用として使用されているのはキダチアロエとアロエベラです。
アロエベラは苦みが少なく果肉が多いのでアロエヨーグルトやアロエジュースに利用されています。
アロエベラは寒さに弱いので、私たちが民家の軒先でよくみかけるのは、殆どがキダチアロエです。

・アロエの効能
便秘の改善や健胃、軽いやけど、肌の保湿などに効果があります。
特に肌をしっとりと保湿してくれる作用についてはよく知られていますよね。ボディケアやヘアケアのアイテムにアロエが配合してあるのは、みなさん一度は見かけたことがあるかと思います。

・アロエの利用方法
アロエのエキスを採取し、肌に塗るだけでも保湿効果がありますが、もっと進んでアロエの化粧水を作るのであれば、アロエを材料にすれば簡単に作ることが出来ます。一度作ればたっぷりの量ができますので、もう高額の化粧水を買う必要がなくなりますよ!
用意するのはアロエとホワイトリカー1.8リットル、グリセリン100ml
アロエは幅2cm程度に切りよく水洗いします。梅酒をつける瓶などにアロエ、ホワイトリカー、グリセリンを入れ、2~3ヶ月浸けこむだけ。簡単でしょ?

また、家で育てたアロエを健胃目的などで食用するときは、皮をむいて葉肉の部分だけを食べるようにしましょう。また、軽いやけどなどに用いるときも同様に葉肉だけを使います。
アロエを使ったレシピをご紹介します。
「アロエとゴーヤのスムージー」です。
ゴーヤとアロエのスムージー
ゴーヤもアロエも胃腸に良い効果があるので、その両方が摂れるアロエとゴーヤのスムージーは、毎朝の元気にとても有効ですよ!
*アロエもローズマリーと同様に妊婦さんや子供の使用は避けましょう。

<アップルミント・レモングラス>

アップルミント

リンゴの香りのするアップルミントは紅茶に浮かべたり、お菓子の横に乗せると甘い香りが心を癒してくれます。
レモングラスやカモミールなどもハーブティーとして飲むと美肌効果があるだけでなく、ストレス解消効果も期待できます。
ハーブの硬い葉や茎は乾燥させて市販のお茶パックに入れて お風呂に入れたり、シューズキーパーとして使うと良い香りがします。


いかがですか?ゼロ円美活、お金がかからない上に、ハーブを育てる楽しみもあります。
庭やベランダでハーブを育てておくと、お金をかけずに美容や健康効果が得られます。ハーブの配合された化粧品は高価ですが、家で育てればお金はほとんどかかりません。そして、たっぷりのハーブを配合できるので、効果は市販品以上!
もう高価な化粧品を買うのがバカらしくなりますよ!
また、殆どのハーブがプチうつを解消すると言われています。
食べてよし、飲んでよし、嗅いでよしのハーブを育てて、ゼロ円美活で美しくなってみませんか?

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ