お金をかけずに体臭を撃退

あなたは、臭いと思われていませんか?

日本人は臭いに敏感です。
特に最近では過剰なまでの消臭にこだわる人もめだち、社会全体が「ニオイをタブー視」する傾向があるようです。
頭皮、ワキ、口臭、足、加齢臭などを取り除く薬剤も多く出回っていますが、強すぎるものは副作用も心配です。
食事や暮らしの中にあるものでのニオイを抑えて、これから夏に向かっての季節はお金をかけずに爽やかに過ごしたいものです。

☆加齢臭対策

梅干しで加齢臭を撃退加齢臭の原因のもとはノネナールという物質ですが、肉が好きでお酒も飲み、たばこも吸うといった生活習慣の人に多く見られます。
加齢臭に悩む人の多くは、運動不足から新陳代謝がうまくいかずサラサラの汗をスッキリ出せない傾向があるようです。
入浴はシャワーだけですまさずに、39℃くらいのぬるめのお湯に20分くらいつかると汗が出やすくなります。
食材では玄米、ショウガ、大根おろし、ゴマ、魚介類などが、加齢臭に効くと言われています。
また、酢や梅干し、柑橘類などを朝に食べると血液がアルカリ性に保たれ、気のめぐりが良くなります。

☆体臭や頭髪の臭いは疲労臭?

運動した後や疲労がたまった時に肝機能が低下し、皮膚からアンモニア臭が漂います。
気にし過ぎて洗浄力の強いボディソープやシャンプー剤を使って洗いすぎると、皮膚が本来持っている常在菌までもが流れ落ちてしまいます。
高いお金をかけて次々と新商品を試すより、すべてを止めて脇、股、足以外はお湯で洗い、
洗髪もシャンプー剤を使わずにぬるま湯で洗うようにしてみましょう。
ほこりをかぶった時や脂っぽいと思った時は、いつものシャンプーに塩を加えて洗うとスッキリします。
その他にも足の裏も汗をかきやすく、靴下などを長時間はくと蒸れて臭いが強くなります。
毎日同じ靴を履いていると臭いがこもるので、靴に中にのりやお菓子に入っている乾燥剤や古新聞を入れて休ませておくと匂いが取れます。
おばあちゃんの知恵袋的な臭い取りの方法としては、靴の中に10円玉を貼り付けておくと
金属イオンが悪臭を取ると言われています。

☆ワキやデリケートゾーンの臭い対策

脇の下の臭い
汗をかきやすく蒸れやすい体の部分は、雑菌が繁殖しやすく臭いが発生します。
体が疲れている時やストレスが溜まっているときは脇の下やデリケートゾーンの分泌物が多くなり、下着などに付くことで臭いがきつくなります。
脇などの臭いのもとは汗や皮脂ですが、水溶性なので濡れたおしぼりなどで拭くとさっぱりします。
乾いたタオルなどで拭くと、かえって臭うので気をつけましょう。
女性の場合はホルモンバランスの乱れが原因で臭う場合もあるので、食事に大豆製品などを取り入れてイソフラボンを摂取すると、女性ホルモンの分泌が促されて結果的には臭い対策になります。
また、ビタミン不足に気をつけ緑黄色野菜や柑橘類を毎日食べるようにしましょう。

安易に消臭剤や香水を使うと逆効果に・・・

臭いが気になるからと制汗剤や殺菌剤を多用すると、かゆみやかぶれを招くこともあるので気をつけましょう。
また、強い香水の類をつけると汗の臭いと混じってよけい悪臭になりかねないので、臭いを他の匂いでごまかすようなこともおすすめできません。
過度なダイエットも体臭の原因となります。
空腹時にケトン体という臭いの物質が発生し、甘酸っぱい臭いがします。
体臭を予防するには足し算よりも引き算です。
脂っこい食事やお酒、たばこを控え、毎日の入浴では体や髪を薬剤で洗いすぎないこと、ストレスは運動などで取り去ることなどで体臭の予防と改善になります。
これから夏に向けて、お金のかからない引き算方法で爽やかなボディを保ちましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ