夏野菜をモリモリ食べてお金をかけずに夏バテ解消!夏野菜うどんの作り方

トマト
夏のだるさの原因は、エネルギー不足睡眠不足と言われています。
「夏バテ」には、はっきりとした定義はありませんが、人によって様々な不調が現れます。
食欲がないときは食べやすくて栄養価の高いものを取り、室温の下げ過ぎや冷たいものの飲み過ぎに気をつけましょう。
また、眠れないときは、頭を冷やすと脳が緊張状態からリラックスモードに切り替わるので、冷たい枕をするなどして夏バテする前に、早め早めに小さな不調を解消することが大切です。

夏野菜のお薬効果

<夏野菜をしっかり食べることで体調が良くなります>

夏野菜夏野菜は安価に手に入り、夏バテ予防に効果があります。
ピーマンにはベータカロテン、ビタミンCがあります。ゴーヤにはビタミンC、ミネラルが、インゲンにはビタミンC、カルシウムが、トマトにはリコピンが、カボチャにはベータカロテンがあります。

ネギやショウガ、ニンニクやトウガラシなどは体の芯から温める効果がある上、解毒作用もあるので食事に取り入れましょう。

夏のだるさは、屋内と屋外の温度差に体がうまくついていけず、自律神経が乱れることが原因です。夏にも血流を良くするニンニクやショウガなど薬味系の食材を取りましょう。
薬味はまとめてみじん切りにしたり、すりおろして小分けして冷凍しておくと時間の節約にもなります。
夏野菜をしっかり取ることで体の調子が整います。
夏の初めから体の調子を崩してしまうと、ひと夏中病院通いや、サプリメント、薬などに頼ってしまう恐れもあります。
旬の夏野菜を効果的に食べることで、医療費の節約にもなります。

<夏野菜を上手にとりましょう>

ウナギを食べると夏バテしないといわれていますが、もともとは「ウ」の付くものを食べて厄払いをしたのが始まりだそうです。
・野菜のスタミナうどんの作り方 
オクラのみじん切り、納豆、すり下ろした長いもを混ぜて、冷やしうどんにかけミョウガ、青じそ、ショウガなど好みの薬味を乗せ、だし醤油をかけて食べます。
ウナギを乗せればさらに美味しくスタミナがつきます。

肌の乾燥を夏野菜でケア

紫外線や冷房で夏は肌が乾燥しがちですが、乾燥を予防するには内側からのケアも大事です。
夏のトラブルを防ぐおすすめの食材は、アボカド、クルミ、こんにゃく、サーモン、納豆、パプリカ、ウナギ、大豆、などです。それぞれの効能は以下の通りです。
アボカドは森のバタ―と呼ばれ必須脂肪酸が豊富に含まれています。くるみにはαリノレン酸が含まれており、肌水分の蒸発を防いでくれます。こんにゃくは植物繊維が豊富で便秘解消効果があります。
サーモンは、肌をつややかに保つオメガ3脂肪酸とアミノ酸を両方とも含みます。
納豆は、たんぱく質やセラミドを含む上に、女性ホルモンを増やす効果もあります。
パプリカは、加熱しても壊れにくいビタミンCを含んでいます。ウナギは、皮膚や潤いを保つ作用があり新陳代謝を高めてくれます。大豆は新陳代謝を高め、乾燥が原因の炎症を防いでくれます。
季節に関わらず摂取したい食材ですが、日焼けや乾燥で疲れた肌のためには高価な化粧品よりも効き目があります。

水分について

クエン酸
真夏になると体温が上がり、汗をかくと体から水分と一緒にミネラルが失われてしまうので、まめに水分を取らないと脱水症状を起こしやすくなります。
市販のミネラルウォーターも1日に何本も買っていたら結構な出費になってしまいます。
水道水はペットボトルに入れてシェイクするとカルキ分が飛ぶと言われています。そこにレモンを一切れ入れたり、クエン酸を少し入れて飲むと殺菌作用もあり、美味しく飲める上、ちょっぴり節約にもなります。

夏バテ解消のためには、旬の夏野菜を食事に取り入れ、十分な睡眠を取るようにしましょう。睡眠不足は夏バテのもとです。寝苦しい夜はタオルに保冷剤をまいて首元に敷いて寝たり、寝ござを敷くなど工夫しましょう。
また睡眠後の3時間で体の疲労物質が取れるので、クーラーのタイマーを上手に利用することも必要です
それぞれの体質に合った方法で健やかな夏を過ごしましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ