お金をかけずに梅雨を快適に過ごす工夫

omage高温多湿の梅雨を少しでも快適に過ごしたいものです。
食中毒の予防のために生水は飲まないことや、食材は新鮮なうちに使い切ることなどに気をつけましょう。
雨が続くと運動不足になりやすいので、家の中でもできる簡単なストレッチやラジオ体操、ヨガなどをおこなうとストレスの解消になります。

■ 暮らしの湿気対策と食中毒予防

<湿気対策>

湿度が上がるとカビやダニの温床となるので、エアコンを上手に使うことも大事です。
たいていはドライ機能を使うことが多いのですが、実はドライ運転は冷房より電気代がかかります。
通常の冷房運転には除湿効果もあるので、蒸し暑いときは我慢せずエアコンを使った方が経済的です。
できれば温度計と湿度計を部屋に置いてコントロールをし、快適に暮らしたいものです。
*エアコンの設定温度は28度に設定するようにしましょう。
設定温度を1度下げるだけでエアコンの消費電力を約10%節約できます。

<食中毒予防>

冷蔵庫の中は衛生面を考えてこまめに掃除をしましょう。
特に野菜室は汚れやすいのでお湯で汚れを拭き取ってから、仕上げに乾いた布に消毒用のエタノールをつけて拭くようにします。
梅雨時限定の手抜き料理として缶詰や乾物もの、レトルト食品などを上手に利用すると雨の日の買い物がはぶけるうえ、食中毒予防にもなります。
しかも乾物製品や缶詰は安価なものが多いので食費の節約にもなります。

■首や肩こりの解消方法

ET0
雨の日が続くと肩や首がこります。
首や肩こりの原因は、運動不足やストレス、内臓機能の衰えや疲れが関係しています。
仕事の合間や家事の合間に首を回したり、肩を回したり、耳をグルグル回したりして簡単なストレッチをしましょう。
首のこりは、手の親指と人差し指の間の合谷というツボを押さえると緩和されます。
目の疲れから首のこりが起こる場合もあるので、目を閉じて眼球を休ませたり、ホットタオルを目や首に当てこりをマメに解消しましょう。
また、カルシウムやカリウム、マグネシウムなども首や肩のこりに効くので、乳製品やバナナ、緑黄色野菜を取るようにしましょう。
整形外科や整骨院通いの費用もたび重なるとばかにはなりません。
早め早めの家庭でのケアが医療費の軽減となります。

■雨の日は癒しのサウンドを聴きながら小仕事を

Grand Piano

Grand Piano


波の音や川の音、小鳥のさえずりなどを集めたCDがありますが、雨の日は音に親しむことで心が落ち着きます。
童謡なども聴くと、子供のころのことが思い出され癒し効果が得られます。
また、テレビを見るでもなくつけているなら、ラジオにすると消費電力も少なく節電になります。
雨の日は音楽を聴きながら小物入れの整理をしたり雑誌や新聞の切り抜きをするなど、晴れの日にはできない細かな仕事をすると、思いのほかはかどります。
とれかけたボタンや、ほつれかけたズボンのすそなども雨の日の小仕事には最適です。
雨だからこそ味わる豊かなひと時を過ごすようにしましょう。

雨の日の外出から帰ってきたら、湿気を家の中に持ち込まないように工夫しましょう。
玄関先にタオルをおいておき、まずはぬれた服などを拭きましょう。
また、古新聞の上に靴を置き底の水気を切るとともに、古新聞をぬれた靴に詰めて内側の湿気も取っておきしょう。
うっとおしい梅雨の季節も、お金をかけずに少しの工夫で快適に暮らすことができます。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ