水、買う派?買わない派?

水道水派
私たちが毎日飲んでいる水は、体にとってとても大事なものです。
体の60~70%が水分といいます。
しかもこの水分の2%が失われるだけで脱水症状が起きてしまう可能性があるというのですから、水と人の命は大いに関わりがあるわけです。
そんな体にとって大切な水。
できれば良質のものを選びたいと誰もが思います。
そこで、水の需要が高まり、市場には色々な銘柄の水が出回っています。
コンビニに行くと、ドリンクコーナーの1/3はただの水のコーナーになっていますよね。
だけど、最底辺の自分としては、なかなか高価な水を買うのは難しい・・・
やっぱり普段は水道水になってしまいますね。
そこで、水道水を美味しく飲む方法、そして、水道水とミネラルウォーターの違いについて、まとめてみました。

☆水道水の美味しい飲み方

水道水には塩素やトリハロメタンが含まれているので、そのまま飲むことに抵抗がある人もいるでしょうが、なんといっても水道水は安価です。
特に日本の水道水は、安い!うえに安全度が高い!そして、そのままでもそこそこ美味しい。
でも、生の水はやっぱりちょっと・・・という部分もあります。
そこで、次のように一工夫することで美味しく飲むことができます。
026水道水が沸騰したらやかんのふたを開けて、さらに10分くらい沸騰させると塩素もトリハロメタンもほとんど除去されます。白湯は口当たりが柔らなくなって、ああ確実に味が違うなーと実感されるでしょう。
また、冷めるまで放置してレモンを一切れ入れて飲むと、レモンに含まれるビタミンCが残った塩素を除去してくれます。
炭でろ過また、よく洗った備長炭を、水道水を入れた容器に一晩入れておくと、炭の小さな隙間にトリハロメタンなどの有害物質が入り込み、除去されます。
また、炭にはミネラルが含まれているので、ミネラルウオーターと同じ効果が得られます。
備長炭は100均でも売っているので、それを買ってきてよく水洗いすれば使えます。

☆水道水について

水道水はそのまま飲んでも健康的には問題がありません。
しかし、配管や貯水槽の老築化で水質が悪化していない場合に限りますが。
メンテナンスさえできていれば、水道水は安全です。
まあ、普通のおうちでは、定期的に貯水槽の点検・メンテナンスを行っていると思うので、これもあまり心配する必要はないのかもしれません。
また、水道水はカルキ臭や塩素、トリハロメタンなどが問題視されていますが、現状ではずいぶん改良されているようです。
水道水は、ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛、マンガンなどについてそれぞれの含有量が一定基準以下と定められていますが、当然のことながら国が定めた基準をクリアしています。

☆ミネラルウォーターについて

ミネラルウォーターミネラルウォーターが安心で安全かというとそうでもないようで、中には水道水より濃度が高い硫酸態窒素が検出された事例があるようです。
水道水は塩素を含みますが、ペットボトルのミネラルウオーターには塩素が含まれない分いったんふたを開けると、雑菌が繁殖しやすくなります。
しかし、天然水も日本では、ろ過、沈殿、加熱殺菌という処理が義務付けられているので、早めに飲み切るようにすれば大丈夫です。
水素水、バナジウム水、シリカ水など数々の水が様々な効能を掲げて販売されていますが、水素水などは透過性が高いので、ペットボトル容器で長い間店頭に置いてあると、ただのミネラルウオーターになっている可能性もあります。
水素水に関してはアルミパウチ式のものを選ぶのがよいようです。
水を購入する場合は、価格や目的、体調と相談しながら使い分けると良いでしょう。

やっぱり水道水がリーズナブルでしょう!

安全基準のみについていえば、水道水が一番安全とも言えます。
また、なにより価格において一番安いのが水道水で、10リットルが1円から2円です。
ミネラルウオーターは約1000倍の価格となります。
水道水も一工夫することによって美味しく飲めるので、試してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ