死にたくなければ必読!お金をかけない経口補水液の作り方

熱中症は高温の環境に長くいたり、炎天下でスポーツをしたりしたときに起こりやすく、毎年多くの人が救急搬送されています。
手づくりのドリンクや果物で、お金をかけずに熱中症を予防しましょう。
真夏の太陽

熱中症とは

暑いと体は汗をかくことで熱を下げようとしますが、汗によって水分や塩分が失われてしまい脱水状態になることがあります。
この時に適切な水分補給や、体の熱を取らないと熱中症になってしまいます。
熱中症の症状は、3つの程度に分けられます。
その場の応急処置ですむ1度は、目まいや筋肉痛、こむら返り、大量の発汗などの症状ががあります。
病院への搬送が必要な2度は、頭痛、おう吐、虚脱、倦怠感などの症状がでます。
病院への救急搬送とともに入院治療が必要な3度は、意識障害や痙攣、手足の運動障害、高体温など症状が現れます。
熱中症は睡眠中にも起こることがあるので、寝る前は水をコップ1杯飲むようにしましょう。眠りについて2~3時間で疲れが取れるので、その間にぐっすり眠ることが大事です。タイマーなどを使ってクーラーや扇風機で涼を取り、良質な睡眠を得るようにしましょう。

熱中症を予防する経済的で効果的な飲み物

熱中症の予防効果が得られる手づくりウオーターで、まめに水分を補給しましょう。

・経口補水液

水1ℓ、砂糖大さじ4杯、塩小さじ3分の1杯、レモンのしぼり汁または、ポッカレモンなど大さじ2杯を混ぜます。

・梅干し水

梅干し1粒を1ℓの水に溶かします。梅干しには、クエン酸、ナトリウム、塩化カリウムなど熱中症予防に効果的な成分が多く含まれています。

・ミネラル麦茶

ミネラルは発汗によって不足するので、意識して取るようにしましょう。

熱中症を予防するスイカのパワーについて

2D2スイカは、昔から夏バテの解消や熱中症予防に食べられてきました。
スイカは、体にこもった余分な熱を冷ます効果が高く、暑さで頭がぼんやりするときや
イライラするときに最強の食べ物です。
糖分やカリウム、カルシウム、マグネシウムが豊富で、スポーツドリンクと同じ効果がある上に、スイカの成分シトルリンには血管を若返らせる効果があり、高血圧や動脈硬化の改善効果があります。
<スイカの皮を使った薬とおかず>
・スイカを皮ごとミキサーにかけて水あめ上になるまで煮込んだものを西瓜糖(スイカトウ)と言います。この西瓜糖は、むくみや腎臓病の民間薬として古くから用いられてきました。
・スイカの皮には夏バテ防止やむくみを取る働きがあるので、皮も食べましょう。
スイカの皮と豚肉ののスープの作り方
沸騰させたカツオ出汁に3㎝幅に切ったスイカの皮の白い部分とおろしショウガ、酒少量を入れて弱火で3分煮ます。塩コショウして片栗粉をまぶした豚肉を加えて煮ます。
スイカを使い切って、お金をかけずに熱中症対策をしましょう。

熱中症は水分不足だけでなく、睡眠不足や栄養不足からくる体調不良も引き金となります。十分な睡眠と栄養を心がけるとともに、体に熱がこもらないような通気性が良く、吸湿性、速乾性のある衣服を着用しましょう。
そして、のどが乾かないうちに、お手製のドリンクなどでこまめに水分補給をおこない、熱中症にかからないようにしましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ