視力回復はお金をかけなくても簡単にできます!

~お金をかけずに視力を回復しましょう~

お金をかけずに視力回復パソコンやスマホの普及で、目のトラブルに悩む人が多くなっています。
最近ではPC作業用の眼鏡なんてものも販売されていますが、その効果については疑問符も。
また、一時期はレーシックなどの視力回復手術を受ける人もいましたが、これに関してもトラブルが続出しているみたいで、安易に行うのは危険です。

眼病や視力の低下の原因は、もっとシンプルで、主に血流障害による酸素不足のようです。
すべての臓器は酸素がうまく取り入れられないことによって障害がおきますが、目も血流をよくすることでトラブルを解消することが可能です。

まずは手術や眼鏡の前に、眼にきちんと血液が流れるようにしてみましょう。
これでお金をかけずに視力が回復したら、ちょっとすごいと思いませんか?

☆視力と脳の関係

いつもメガネやコンタクトに頼った生活をしていると、脳はそれらをつけていないと正常に見えないと思い込んでしまい、怠けてしまいます。
足が痛いと歩かなくなりますが、歩かないでいると歩けなくなります。
視力も訓練をしないと衰えてしまいます。

<視力回復のための癒しのトレーニング>

お金をかけずに視力回復・日常的にスマホやパソコンなどの影響を受けている脳は、慢性的に疲れています。
目を閉じて楽しいシーンや美しい景色などを思い浮かべると、脳がやすらぎを覚えます。
とても簡単な瞑想法ですが、たった数分おこなうだけで心が落ち着くだけでなく視力が回復します。
・目の周りを軽くトントンとたたくと、目の周りの血流が良くなります。
目の周りには自律神経の働きを良くするツボがたくさんありますが、正確なツボの位置を知らなくても経絡に作用し、視力回復効果があります。
爪などで傷つけないように、軽く優しくタッピングするのがコツです。

☆目の血流を良くする呼吸法

人の体には自然治癒力がありますが、自然治癒力を助けるのが酸素です。
呼吸をして全身に酸素を取り入れるだけで、体全体の血流が良くなり体調不良が改善できます。
ここでは簡単に全身に酸素を取り入れる方法をご紹介します。

<ペットボトルを使った呼吸法>

・市販の500mlのペットボトルの底に千枚通しなどで穴を3ヵ所開けます。
・ボトルの飲み口を口にくわえて、鼻から深く息を吸い込み口からゆっくり息を吐きます。
お腹に力を入れてゆっくり10回ほど呼吸をくり返すことで、自律神経が整い血流が良くなります。

☆老眼をは改善できます

お金をかけずに視力回復早い人は40歳代からピントが合わないとか、近くがぼやけるなどの老眼の症状がでますが、
日常のトレーニングで改善することができます。
トレーニング方法は、遠くと近くを交互に見るだけです。
例えば、5m先に何か目印のポイントを決めて、目線の高さに手を上げ、そのポイントを指でさします。遠くを見てから指を見ることをくり返します。
遠くと近くを交互に見ることで、水晶体の調節機能の衰えが改善できます。

眼は健康のバロメーター!

目の健康に気をつけることは、体全体の調子を整えることになります。
目の疲れを感じたら、3分でも5分でもいいので目を閉じてリラックスしましょう。
また、目薬に頼り過ぎると、目の栄養分までも洗い流してしまう恐れがあるようです。
ホットタオルで目を温めると、目の栄養分がじんわりとがでてきます。
お金をかけずに手軽にできる方法で、いつまでもイキイキとしたよく見える目を保ちましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ