陰陽五行思想でお掃除!陰陽師ゼロ円クリーンナップ作戦!

陰陽五行思想に基づいたお掃除の魔法!

陰陽師クリーンナップ作戦
というのは、その人の帰る場所。
そして、その人そのものを表す場所でもあります。
ですから、家の中をきれいにすることは、運を引き寄せる、というのは聞いたことがあると思います。
逆に家が汚い状態だと、運が逃げてしまい、不幸が訪れるかも・・・
やっぱり家は常にきれいにしておきたいですよね。

でも、家をきれいにしておくのはけっこう大変な作業
特に、会社から疲れて帰ってきて、そのあとお掃除というのは、本当に気が進みませんよね。

そこで、今回ご紹介するのは、名づけて「陰陽師クリーンナップ作戦」
陰陽師の思想に基づいて部屋をきれいにして、運を呼びこもう!という作戦なのです。

陰陽五行思想というのをご存知でしょうか?
「陰陽師」という作品がヒットしたために、ご存じの方も多いかもしれませんね。
五行思想というのは、世の中の万物を「火水木金土」の5つに分類する思想です。
それに加えて、陰陽の陰が、陽が太陽、という陰陽の考え方を加えると、月曜日から日曜日までの7曜日に対応することになりますよね。

この、五行と陰陽を毎日の家事に取り入れてみませんか?
しかも、お金をほとんどかけずに!
お掃除にはなにも、高価な掃除機を買わないといけないということもありませんし、高い洗剤をたくさん使わなければいけない、ということもありません。
身の回りのもので、使わなくなったものを再利用しても、お掃除を楽しく行うことができるのです。

ここでは、月曜日から日曜日までの毎日、陰陽五行思想に基づいたお掃除を行う日程表をご紹介します。
この日程表に基づいてお掃除をすれば、毎日少しづつお掃除をするだけなので作業的にも楽ですし、ツキも呼び込めるんじゃないでしょうか!?
不用品を使ってお掃除をしませんか?
家中の捨てるものにもう一働きしてもらって家中ピカピカにしてしまいましょう。
お掃除をすると心もスッキリします。

☆一週間のお掃除カレンダーを作ってみましょう

月曜日はツキを呼びましょう。

月曜日月曜日は、玄関まわり、窓、トイレ掃除を中心にお掃除をします。
風水ではツキは玄関から入ってくると言います。また邪気も玄関から入ると言います。
良い運を取り入れ悪運を取り込まないためにも家の顔である玄関をキレイにしておくことが大事です。
またトイレも、昔からまめに掃除をするとかわいい赤ちゃんが生まれるとか良縁に恵まれると言われています。
また鏡や窓も磨くと運気が上がるそうです。
窓ふきは、湿度の高い曇りの日が適しているので、月曜が晴れなら、窓ふきはお休みにして次の機会にしましょう。
玄関のたたきと窓ガラス拭きには、古新聞が活躍します。
玄関のたたきは、古新聞をぬらしてちぎったものをまいてはくと、ホコリがたたずにきれいになります。
また、濡らした新聞紙を軽く絞って窓ガラスを拭くと、印刷のインクのおかげで窓の汚れがキレイに落ちます。
頑固な汚れには、スプレータイプの容器に水を入れ、を少々注ぎ、窓ガラスにスプレーしてしばらく置いてから拭きあげるときれいになります。
また、戸のサンにこびりついたホコリは割バシにボロ布を巻いてお湯に浸してこするときれいになります。
トイレ掃除は使い捨て用のボロ布で磨き、細かいところは古歯ブラシでこするとキレイに落ちます。
また、トイレの湿気対策に洗濯用の粉末洗剤をビンに入れ、ふたをせずに置いておくと除湿剤代わりになります。

火曜日は火のまわりを掃除して火の神様に感謝しましょう。

火曜日火曜日は台所を中心とした、火のまわりを掃除しましょう。
高名な女性占い師によると、台所をキレイにしておかないと運気が逃げるそうです。また、運気だけでなく、台所が汚いとゴキブリなどの害虫がわく危険性が高くなります。嫌な虫を見たくなければ台所はきれいにしておきましょう。
レンジまわりやグリル、電子レンジや炊飯器、オーブントースターなどは米のとぎ汁の上澄みを布に浸してしぼり、拭くときれいになります。
グリルなどの頑固な汚れは、沈殿した米ぬかを布に付けてこするときれいになります。
また、飲み残したビールを布に含ませてガスレンジを拭くとピカピカになります。

水曜日は水回りを掃除して水の神様に感謝しましょう。

水曜日水曜日は水にまつわる場所、お風呂や洗面台などをキレイにしましょう。
洗面所、風呂、キッチンなどの水回りには極力物を置かないことがいつも清潔に保つコツですが、なかなかそうもいきません。
簡単に汚れを落とす方法として、ステンレス製のシンクならクレンザーの代わりに小麦粉を布やスポンジにつけてこするときれいになります。
小麦粉は少量あまることが多いので、とっておくと無駄なく使えます。

木曜日は木製品を磨いて木の神様に感謝しましょう。

木曜日木曜日は木製品をきれいにしましょう。主に家具や床・扉などをきれいに磨くのです。
床、家具、ドア、などは脱水した雑巾で拭くだけでスッキリします。
ベタベタした感じがする場合は、出がらしのお茶の葉をもう一度煮出して冷ましてから拭くとスッキリします。
また、米のとぎ汁の油分にはツヤ出しの効果があるのでフローリングの掃除に使うと良いでしょう。
畳やじゅうたんは素足で歩くことも多いのでかたく絞った熱い雑巾で拭きましょう。
じゅうたんに知らない間についてしまったシミは、漂白効果のあるレモンの切れ端でこすると、ほとんどのシミを落とすことができます。

金曜日は金回りが良くなりますようにと願いましょう。

金曜日金曜日は金属製品をきれいにしましょう。家電製品や金属製のものなどです。家電製品は台所にもリビングにも思っている以上にたくさんの種類があります。そうした家電製品はどうしても埃が溜まりがちなのですが、こうした埃はショートの原因にもなるので、要注意です。
家電や金属製のもの、財布やアクセサリー、テレビやオーディオ機器などは眼鏡ふきで磨くときれいになります。
シルバーなどのアクセサリーは、空気に触れている時間が長いと変色するので、アルミホイルに包んでしまっておくと良いでしょう。

土曜日と日曜日はゆっくりしましょう。

あえてお掃除を行うのであれば、土曜日は土いじり、家の中の植木や観葉植物、ベランダに植木があるのであればそうした花や樹のお手入れなどが適しています。
日曜日は、お洗濯ですね!太陽の光をいっぱい浴びた洗濯物は、紫外線の効果で滅菌されています。また布団を干すのも日曜日がいいかもしれません。
もちろん晴れの日でなければ無理に洗濯をする必要はありませんが、天気が良ければ思い切って普段洗濯しないものを洗ってみるのもいいでしょう!

陰陽師クリーンナップ作戦の本当の意図

家事を楽しくこなすコツは好奇心を持つことです。
普段の生活の中で家を常にきれいにしておくのはとても疲れることです。
ですが、1日ちょっとづつであれば、続けられるのではないでしょうか。
そして、掃除を行う箇所を「陰陽五行思想」というアイデアに基づいて行うことで、毎日飽きずに掃除を続けることができるようになるはずです。

また、こちらで取り上げたように、もう使わなくなった日用品も、工夫すればお掃除道具として生まれ変わることが出来ます。
処分しようと思っていた穴のあいた靴下を手にはかせて電球の掃除をしたり、ストッキングや布ぎれで、はたきを作るなどして不要な衣類にもうひと働きしてもらいましょう。
うちでは、手作りお掃除キットをこんな感じで作っています。
手作りお掃除キット
このお掃除キットは、綿レースで作ったミニはたきとサキ布で編んだミニ雑巾。ウエットティシュの空きボックスにカッターシャツを切ってウエス代わりにしています。
まあ、ぶっちゃけるとこれは自分では作ってません。作ってもらったのです。
あと、こんな「いつでもどこでもお掃除バスケット」も作ってもらいました。
いつでもどこでもお掃除バスケット
このお掃除バスケットに入ってるのは、割りばしに綿花を布で巻いて作った大きめの綿棒古歯ブラシ、アクリル毛糸で編んだタワシ絵筆ミニほうき雑巾などをまとめています。
たわし以外は簡単に作れるものばかりです。
でも、こうしてみると可愛いでしょ?
このバスケットを、お掃除の時は持って歩くことで、お掃除道具をあれこれ持ち出す必要が無いので便利なのです。

また、柑橘類の皮や野菜のゆで汁でシンクを磨いたり、残った小麦粉をクレンザー代わりにするなど工夫して、食材も最後まで使い切りましょう。
節約=貧乏くさい?ではありません。節約は本当の豊かさを考えるきっかけとなります。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ