1円もお金をかけずに食器を集める裏ワザ

食器は少数精鋭で!

うちは、母親が食器収集マニアだったこともあって、大量の食器がありました。でかい食器庫が2つ、食器ぎっしりだったから、相当ですよ。
でも、山ほどあった食器、母が亡くなった後遺されたものを仔細にチェックしてみると、意外にダサいというか自分の趣味じゃないのが多くて。
結局、かなりの量を処分しました。だって一人暮らしなのにそんな大量の食器持ってても使わないし。
今は、自分が買った食器と、母が遺した食器の一部を主に使っています。
なのですが、やっぱり母と血がつながっているのか、自分もいつの間にかあんまり使わない食器をいくつか買ってしまっていて・・・
だって、だって、可愛いんだもんもんもん・・・
そんなわけで、まずは自分の家で使っている食器をご紹介します。

自分のお気に入りの食器紹介

自分が今使っている食器ですが、まずはうちのエース級、ケーキを食べる時のお皿です。
ケーキを食べる時のケーキ皿
このケーキ皿はフランフランで買いました。もうすごく好きなの。キラッキラしていて、心が浮き立つように感じるんですよねー。
そして、こちらは母の遺品のケーキ皿。
馬の絵のケーキ皿
これは可愛くて、割と好きです。
そして、クリスマスの一日だけ出動するケーキ皿もあります。
クリスマスツリーの絵のケーキ皿
これも子供の頃から使ってたお皿。1年に1日しか使わないので、もう何十年も経っているけど状態いいです。

食事用のお皿は、こちらがメイン。
白と茶色のお皿
これは青山のciboneで購入したもの。白と茶色。白の方は色が少しクリーム色がかっていて、その微妙な色合いが気に入っているのです。
自分の不注意で縁が欠けちゃったけど、そのまま使ってます。
茶色の方もカフェオレ色というか、こちらも微妙な色合いで、いい感じ。

お茶碗は、カフェオレボウルを使ってます。
カフェオレボウル
これも母の遺品。ちょっとガーリー過ぎる部分もあるけど、使いやすいです。
カレー食べたりスパゲッティー食べたりするお皿はこちら。
カレー食べたりスパゲッティー食べたりするお皿
これは、遺されたお皿なんだけど、あんまり気に入ってない。一応使ってるけど、買い換えたいなー
紅茶やコーヒーを飲むカップは、これも遺されたアラビアのパラティッシ
人気があるのは黒パラなんだけど、うちのはフルカラー。
アラビアのパラティッシのカップ&ソーサー

ここまでがだいたいうちでヘビーローテーションしている食器。他にもいくつかあるけど、だいたいこれでほとんどの料理やケーキをまかなってる。
ここからが、自分の趣味で買っちゃった、あまり実用的でない食器類
まずは、ほとんど来ないお客が来た時にだけ使うビレロイ&ボッホのカップ&ソーサー。
ビレロイ&ボッホのカップ&ソーサー
このビレロイ&ボッホのカップ&ソーサーの図柄は、コーヒーの産地に基づいたイメージを絵にしたもの。ひとつがアフリカ、もうひとつがインドネシアです。

そして、これも完全に実用性がないエスプレッソカップ。
セレッティのもの。
セレッティのエスプレッソカップ
これは、東洋と西洋の2つの食器を強引に継いだ、という意匠の食器シリーズで、最初コンランショップで見て一目惚れ。最終的にはネットで買いました。もう可愛くて可愛くて。ステキ!

あとは、こんなのも。イッタラのグラスのコレクション。
イッタラのグラスのコレクション
これは秋葉原の多慶屋で安く売ってたので大人買いしました。色違いでローテーションしてます。

あとは・・・これは実用的だけど、バターケース
牛柄のバターケース
牛さんがレリーフになっているガラス製のバターケース。これも一目惚れ系。
そんなわけで、うちの食器、だいぶ減らしたけどまだまだ普通の家と比べるとかなり持っているほうだと思う。

高級な食器をタダで入手する方法

そんなわけで、自分としてはもう本当に気に入った食器しか欲しくない、というのが正直なところなのですが、カレーを食べるお皿とパスタ皿が欲しいんですよね。でも、デパートでいろいろ見てみるんだけど、ちょっとイイものだと数千円から万単位する。ちょっと買えないよー。
だけど!そんな高価な食器、無料で手に入れる方法があるのです!
それは・・・
高級レストランの改装時を狙う!というもの。
高級レストランは当然食器は最高級のものを使っています。でも、改装ともなるとそうした食器を一気に処分するんだそう。その時に、「タダで持っていきな!」というケースがかなりあるんだそう。
これは知り合いのケースなのですが、

ある日、昔ながらの品の良い小料理屋の前を通りました。店主が高齢で引退しようと店じまいを始めているお店のようでした。店先には「ご自由にお持ち帰りください」と、品の良い磁器のお皿とカップアンドソーサーが並んでいました。
手に取ると風合いが良く、持ちやすく、素人目に「これは良い商品かも」と感じました。ちょうど、エコバッグを持って買い物に出る途中でしたので、食器類をエコバッグに入れて、ありがたく持ち帰りました。
お皿の裏に刻印があったのですが、聞いたことのない名前でした。私が詳しくないだけと思って、検索したところ、なかなか引っかかりません。唯一引っかかったのが、海外オークションサイト。1枚数千円で取引されていました。50年近く前のものだったみたいです。
いただいた食器も「売れば、まとまったお金になるかも」と一瞬考えましたが、今でも大切に使っています。
その後、別のお店で、作家さんの1点モノの器を無料でもらえるラッキーがありました。このお店はフレンチレストランだったのですが、普段は手の届かなくて入れないようなお値段のお店です。
ある日、偶然お店の前を通りかかったとき、ちょうど改装中で、ティータイムのみ営業していました。「コーヒー1杯500円だけでフレンチレストランの雰囲気が味わえるのなら」とお店に入ってみたところ、「ご自由にお持ち帰りください」コーナーがあったのです。
レストランのスタッフに話を聞いたところ、改装のタイミングで食器棚を整理していたところだったのです。レストランって、営業中に落として割ってしまうなどのトラブルはつきものですよね。この店も然りで、カップアンドソーサーのいずれかが欠けてしまったものが、いくつか置いてありました。
ソーサーは食事の取り皿など、小皿として十分使えるデザインでしたので、ありがたく何枚かいただきました。今も小皿として活躍しています。

・・・というように、改装中を狙うことで無料で高級食器をゲットしたらしいのです。教えてもらいました。
こうしたラッキーは、都心や地方の小都市などではけっこうありそうですよね。
うちの近くにも何軒か高級料理店がありますが、そういう所で改装とか無いですかねー?いい食器タダで欲しいですー

ヤマザキ春のパンまつりの白い食器ってどうなの?

あと、無料で食器を入手するといえばベタな方法ですが、ヤマザキ春のパンまつりで白い食器を入手するという方法もありますよね。
実際にお皿などを集めている人によると、白い食器、けっこう高級感あるんだそうです。やっぱり100均のお皿とは質感が違う、とのこと。
それもそのはず、ヤマザキ春のパンまつりの白い食器はフランス製。フランスのアルク社が毎年作っているそうです。フランス製だから絶対すごいとは言い切れませんが、100均のチャイナメイドよりはものはいいでしょうねー。
それに、白って、食材の色が映えるんですよね。変に柄が入ったりしてないところが、ヤマザキ春のパンまつりの戦略として優れているところ。まあ自分はヤマザキのパンあんまり好きじゃないのでポイント貯める気はありませんが。

質感の良い白い食器を超激安でゲットする必殺技

この必殺技は多分ほとんど誰も気づいてないと思うのですが、白い食器、しかもかなり質感の良い食器を超激安で入手する方法があるのです。
それは、原宿にある「陶画舎」というお店。
このお店は、陶器に彩色する教室が主体となっていて、その素材として各種の白い陶器を販売しているのです。
それが、どれもこれもメッチャ安い!
原宿に行くのが厳しい人向けに、楽天にもお店があります。
楽天のサイト内の「陶画舎」ページから洋食器のコーナーを見てみてください。
全部白い食器が、ズラリと並んでいますよね。値段もかなり安いのですが、安っぽさがないのがとてもいいです。
自分は、ここでティーポットを購入して使い倒しています。
センスのいい白い食器が欲しい、けど100均や無印はちょっとなあ・・という人に激しくおすすめできます。

まとめ

というわけで、お金をかけずに食器を揃える方法は

  • 質感が悪くていいなら100均で白い食器のみを買う
  • レストランの改装を狙う
  • ヤマザキ春のパンまつりに応募してみる
  • 陶画舎でお気に入りを買う

といった方法があります。
この中でおすすめはやっぱり陶画舎かな。ほんと原宿のお店行くと、白い食器がズラリと並んだ様は圧巻ですよ!
いい食器は一生もの。とはいっても壊れてしまうのも食器の宿命。とあれば、できるだけ安く入手できればそれに越したことはない。
お気に入りの食器、ぜひゲットしてみてください!

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ