Twitterに1ヶ月間広告を出してみた結果

ツイッターで簡単に広告出せるみたいです

去年のことなのですが、ツイッターから何度も何度もメールが来て、
広告出しませんか?広告出しませんか?
とうるさくて。

普通だったらスルーするでしょうけど、自分、試しにやってみようかなーと思って。

でも、最底辺の貧乏人だから、お金をそんなに出すわけにも行かない。

できるだけお金をかけずに広告出せればいいんだけど・・・

ここでは、そんなお金のない自分が、実際にツイッター広告を出してみた結果を解説しています。
結論から言うと、ツイッター広告、うまく使えばすごく有益
でも、下手に使うとお金を丸損してしまうかも。

この記事を読めば、比較的お金をかけずに広告を出す方法がお分かりになるかと思います。
ツイッターの広告に興味のある人には参考になるかと。

お金をかけずに広告でフォロワーを増やすために

ツイッター広告は、最初に広告の目的を選択することができます。
具体的には

  • フォロワーを増やす
  • 自分のサイトへの誘導
  • リツイートしてもらう
  • アプリのインストール
  • 動画を再生させる
  • コールトゥアクションを起こさせる
  • その他

という種類があるようです。
この中からだったら、「フォロワーを増やす」かなー?

ということで、「フォロワーを増やす」を選択。
そうすると、このような画面になります。
新しいキャンペーン - Twitter広告
この画面のように、広告の出し方はかなり細かく決めることが出来ます。
主な内容としては、「誰に広告を出すか」「予算はいくらか」の2つが大きな要素。

まずは「誰に広告を出すか」つまり、オーディエンスのターゲティングですね。
これは、(当然日本ですよね)、男女PCかスマホか、がまず決められて、その次に、
●特定のアカウントのフォロワーや、そのアカウントに属性の似たユーザー
●特定のジャンルに興味関心のあるユーザー
などなど・・・が設定できるみたいです。

自分はこんな感じに。
キャンペーンの編集 - Twitter広告
これでスイーツ好きにリーチするのではないかと。

次に予算なのですが、1日あたり50円に設定しました。
安!と思われるかもしれませんが、貧乏人に出せるお金はそのぐらいですよ。

最後に、自分の広告のデザインと文言を決めます。
今回はこうしました。
ツイートの内容


画像ありとなし、2種類の広告をランダムに表示させるように設定しました。

これでどれだけフォロワー増やせるんだろう。

ちなみに、試験を始めた1/1の時点でのフォロワーはこちら。
Twitter
342人!
少ない・・・のか?ちょっとなんとも言えない中途半端な数。
これがどこまで増えるのかなー???

1ヶ月広告を出した結果

そして今日、1ヶ月経ちました。
1日50円でのフォロワー増加作戦、結果はこうなりました!
キャンペーンの概要 - Twitter広告
1ヶ月で広告だけで36人のフォロワー増加!
1フォロワーあたりのコストは39円
こんなの出ました!

36人・・・ありがたい数です。
まあ、世の中には何百人とフォロワーを増やす方法があるみたいですが、そうやって集めてもアカウント凍結されたりするし、そうでなくても属性が合ってないフォロワーなんていくらいても同じなわけで。

それに対してツイッター広告では自分の広告で「スイーツ好き」ということを説明した上でフォローしてもらっている。属性が合ってるんですね。

今回使ったお金は1ヶ月トータルで1400円
このぐらいのお金なら最底辺の自分でも出せる金額。
これでお知り合いを増やせるなら、こんな嬉しいことはない。

そして、今日現在のフォロワーさんの数はこちら。
Twitter20160131
384人!
だいぶ増えた感じですね。
1ヶ月で42人の増加。
このうち36人は広告で来ていただいて、フォローしていただいた人。
6人はそれ以外でフォローしていただいた人、ということになります。

ツイッター広告のコツ

ツイッター広告を出すコツ、というか、自分の体験から行くと、1日あたりの出費はできるだけ抑えたほうがいいと思います。
今回は1日50円で設定しましたが、結果は1フォロワー40円で大丈夫でした。

1日10円でも行けるんじゃないかな?

そして、おそらく1日200円とか300円とかかけても、フォロワーの数はそれほど増えない。むしろ1フォロワーあたりの出費が大きくなるみたい。

なので、とにかくケチる!ということと、オーディエンスのターゲティングをしっかり行うこと。
これを怠ると、属性の合わないフォロワーが増えたり、フォロワーが増えなかったりすると思う。

上手く使えば、ツイッター広告、使えると思いますよ!

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ