貧乏に陥る6つの思考パターン:あなたの脳、こうなってませんか?

どういうわけか、貧乏から抜けだせません。
どうしてなんだろう・・・
046
それなりに努力はしているんですけどね。貧乏脱出のために。
なのですが、やることなす事裏目裏目に・・・
なんなんでしょうね。人として軸がぶれているんでしょうかね。
最底辺から抜け出すには、まだまだ時間がかかりそうです。

そんなふうに、最底辺でもがいている自分ですが、
ある本に、「貧乏に陥る思考パターン」というのが書かれていて、
なるほどなーと感心しました。
自分、この思考パターンに陥っている!まさにそう!
逆に言えば、ここに書かれている思考パターンから抜け出せば、最底辺からも脱却できるかも!
そして、ここに書かれている思考パターン、いま底辺でもがいている他の人にとっても役に立つんじゃないかと思って
ちょっとメモ代わりに書き出してみます。

「貧乏に陥る思考パターン6つ」

1.クヨクヨ脳

ほとんど努力をせずに、すぐに「どうせダメなんだ」「自分はこれには向いていないんだ」「どうせどうせ・・・」とクヨクヨ嘆くタイプ。
それでも諦めずに続けていれば成功するかもしれないけれど、すぐに諦めてしまって成果が出ない。

2.ウジウジ脳

ものごとを始めれば失敗はつきものなのに、それを「やっぱりダメかも・・・」と失敗にとらわれてウジウジしてしまうタイプ。失敗をウジウジ考えていても無意味なのに、次のステップになかなか移動できない。

3.クレクレ脳

クレクレタコラのように、なんでも欲しがって自分からはなにもしないタイプ。「○○してくれ!」が口癖。自分で考えないと身につかないのに、人のアイデアばかりを求めてしまう。

4.タスケテ脳

ピンチに陥った時に、自分の力でなんとかしようとせずに、他人ばかりをあてにするタイプ。こちらも自分でものごとを考えないために、せっかくの他人のアドバイスが自分の身につかず、すぐに窮地に陥ってしまう。

5.ゴクゴク脳

他人からのアドバイスをもらうと、それを自分で咀嚼せずにそのまま鵜呑みにしてしまうタイプ。どんなノウハウも、状況が異なればそれに合わせて臨機応変に変更していかなければならないのに、頑固にもらったノウハウをそのまま自分のケースに適用してしまって不適合を起こしてしまう。

6.オレオレ脳

自己中心的で、なにごとも自分の都合でしか物事を考えられない。そのため、他人のせっかくのアドバイスも聞く耳を持たない。口癖は「そうは言っても・・」「いや、俺はこう思うんだよね」というもの。自分の殻を破ることは不可能。


いかがですか?
こうした思考パターンに陥っていませんか?
自分は特に「クヨクヨ脳」「ウジウジ脳」が多いですね。
ちょっと失敗すると、「あーもーだめだーーーー!!」とパニックになってしまう。後ろ向きに考えてしまう。
こうした思考パターンから脱却することが、貧乏から抜け出す方法、なのだそうです。
自分もこれからはクヨクヨ考えずに、常に前進し続けていこうかなー・・・と思います。難しいけど・・・って、もうすでにクヨクヨ脳だ!
頑張ります・・・

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ