100均でも売ってるインスタントコーヒーの意外な使いみち

インスタントコーヒー
お歳暮やお中元に頂いたインスタントコーヒーが余っていませんか?
インスタントコーヒーも一工夫すると、美味しく飲むことができます。
また、賞味期限を過ぎてしまったコーヒーも捨てないで下さい。
利用の仕方によってはまだまだ使えます。
どんなものでも使い切る節約精神が、お金を生むことにつながります。
美味しく飲んで、楽しく利用しましょう。

インスタントコーヒーの種類と用い方

インスタントコーヒーは、スプレードライ製法とフリーズドライ製法に分けられます。
スプレードライ製法は粒子が細かく、冷たい水や牛乳にも溶けるため、アイスコーヒーとして飲むのに適しています。
一方、粒子の荒いフリーズドライ製法のインスタントコーヒーは、ホットコーヒーで飲むと美味しくいただけます。

1、インスタントコーヒーを美味しく飲む方法

カップにインスタントコーヒーを入れて、いきなり沸騰したお湯を注いでいませんか?
ひと手間かけるとドリップコーヒー並みの美味しさになります。
その方法とは以下の通りです。

・インスタントコーヒーの美味しい飲み方
カップにティスプーン1杯を入れて、水を少し注ぎよく練ります。
その後80~90℃のお湯を注ぐと、コクのある本格コーヒーの味が楽しめます。

・コーヒーを飲むときの注意点

コーヒーを飲み過ぎると、副作用として不眠などの原因になる場合や、胃腸障害や頭痛の原因になることもあります。
コーヒーには利尿作用があるため、脱水症や熱中症の引き金になる場合もあります。
コーヒーを飲んだから水分は足りていると考えずに、水も飲むようにしましょう。
また、砂糖を入れて飲むとカロリーが高くなるので、なるだけブラックで飲みましょう。

2、コーヒーでダイエット効果と思考力のアップをはかる

コーヒーに含まれるカフェインの持続時間を上手く利用すると、ダイエット効果や思考力を上げることができます。

・コーヒーのダイエット効果について

コーヒーに含まれるカフェインは、身体にさまざまな影響を与えます。
インスタントコーヒーを飲んで約10分ほどでカフェインは血液中をめぐり、約5時間ほど持続します。
ジョギングやウォーキングを始める30分くらい前に、コーヒーを飲んでおくと、脂肪が燃焼しやすくなります。
・コーヒーは入浴前に飲むと脂肪燃焼効果が高まります。

・コーヒーは食後に飲むと脂肪燃焼効果がありますが、食前に飲むと食欲増進効果があり食べ過ぎてしまう恐れがあります。
また、アイスコーヒーは腸の働きを低下させるので、ホットコーヒーがおすすめですが、インスタントコーヒーを溶かす温度が高すぎると、コーヒーに含まれるクロロゲン酸の吸収率が悪くなるため、80℃~90℃度のお湯を注ぐようにしましょう。

・コーヒーを飲むと思考力がアップする

コーヒーに含まれるカフェインには疲労解消、眠気防止作用があるため、上手に利用すると集中力を高めるとともに思考能力を上げ、仕事や勉強の効率を良くします。

3、コーヒーの美容効果と健康効果

・美容効果について

①コーヒーに含まれるナイアシンには抗酸化作用があり、肌や粘膜を整えて正常に保つ働きがあります。
②コーヒーはお肌のシミやシワなどを予防するポリフエノールの含有量が多いので、
適量(1日に2~3杯くらい)飲むのが美容のためによいようです。
③インスタントコーヒーには肌を引き締める作用があるので、入浴時に石鹸と混ぜ合わせて二の腕やふくらはぎを揉み洗いすると、サイズダウンすると言われています。

・コーヒーの健康効果について

2004年にハーバード大学の研究者が、コーヒーの健康効果について「コーヒーを日常的によく飲む人は生活習慣病である2型糖尿病を発生する率が低い」との論文を出しました。
日本でも、それ以来コーヒーの健康効果が注目されるようになりました。

・コーヒーの効果をより得るためには、間隔をあけることも大事です。
毎日コーヒーを3杯くらい2週間ほど摂取し続けると、体がカフェインの刺激に慣れてしまい耐性ができてしまうため、健康効果や美容効果が得られなくなってしまいます。
効果を復活させるためには、1週間ほどコーヒー断ちをしてから再び飲み始めると、効果が得られます。
コーヒー効果を得るには、自分なりにサイクルを決めて飲んでみましょう。

4、インスタントコーヒーを料理やおやつに使う


・コーヒーの持つ独特の苦みやコクが、料理の隠し味として使えます。
カレーやビーフシチューに小さじ1杯ほど入れると、味に深みが出ます。
また、骨付きの肉などを焼くときに、塩コショウとともに少量のインスタントコーヒーをすり込んでおくと臭みが取れます。

・おやつやデザート代の節約にもなるコーヒーゼリー
インスタントコーヒーを使って最もポピュラーで簡単に作れるのがコーヒーセリーです。
作り方は、水500mlを沸騰させ、火を止めてコーヒー5g、砂糖50gを入れて溶かし、溶けたら粉寒天4gを加え容器に移し、常温に冷ましてから冷蔵庫に入れて固めます。

・蒸しパンにインスタントコーヒーを入れて朝食に
作り方は、ボウルにホットケーキミックス200g、インスタントコーヒー大さじ3杯、卵1個、砂糖大さじ2杯、牛乳150ml、サラダ油大さじ1杯を入れて混ぜ、カップに入れて蒸し器で蒸します。20分ほど蒸して竹ぐしをさして蒸し加減を見ます。何もついていなかったらOKです。

5、インスタントコーヒーを脱臭剤として利用する
賞味期間が過ぎてしまったり、封を切ったまま長く置いていて変質してしまったたインスタントコーヒーも捨てずに利用しましょう。

・インスタントコーヒーのふたを取って冷蔵庫の中や食器棚に入れておくと、脱臭剤代わりになります。

・カチカチに固まったインスタントコーヒーはビンのふたを取って、靴箱やトイレの脱臭剤として用います。

・魚料理や油料理のあとの手の汚れや、いやな臭いを取るには、石鹸に少量のインスタントコーヒーを混ぜて洗うとキレイに落とせます。

・密閉容器などのプラスチック容器などに食品の臭いがついて落ちない時は、インスタントコーヒーを入れておくと臭いが取れます。

・コーヒーでアロマ効果を得ることもできます。
コーヒーが苦手な人も香りをかぐだけで、お金をかけずにリラックス効果が得られます。

6、インスタントコーヒーを染色に使う


・インスタントコーヒーを使って染色をしてみましょう。
Tシャツやブラウスなど染めたいものを水洗いして、大きめの鍋にお湯1ℓに対しインスタントコーヒーを、大さじ5杯くらい入れて沸騰させます。
色の濃さはコーヒーの料で加減します。
色止めに塩を大さじ3杯くらい入れて、かき混ぜながら煮ます。
火を止めて冷めるまで置き、水洗いをして乾かします。つけておく時間が長いほどよく染まります。古びた衣類も味わいのあるものにゼロ円で変身します。

・アンテークな小物作りにも応用できます
封筒や便箋、ポスターレースペーパーなどもコーヒーで染めると古びた感じになります。
布や紙に限らず木切れや白木のピンチ、木箱など染めたいものを水にしばらく浸してから、コーヒー液に浸すとアンテークぽくなります。

そのほかにも、家庭菜園などで野菜の葉っぱについた害虫対策に、インスタントコーヒーを水で溶いてスプレー容器に入れて吹き付けます。
土に混ぜると肥料代わりにもなります。

まとめ

インスタントコーヒーは賞味期間が過ぎていても封を切っていなければ飲めますが、目安は賞味期限プラス1~2年くらいです。
賞味期限切れの場合でも、ほうじ茶のようにフライパンで煎って飲むと香ばしくなります。
また、インスタントコーヒーに塩を少量入れて飲むと、まろやかなブラックコーヒーが楽しめます。
いただきもののインスタントコーヒーが残っていたなら、いろんな形で使い切りましょう。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ