難しい名前のパティスリーの店名を日本語にしてみる

前回投稿した「スイーツを買うときにだけ役に立つフランス語講座」が好評だったので、その第2弾です。
DSC06807
ケーキ屋さんの名前って、時々すごく難しく感じませんか?
特に、本格フランス風パティスリーのお店ほど、店名がまるで呪文のよう。
パティシエさんの名前を冠したお店ならまだ覚えやすいんですが。
まず、お店にたどり着いた時に、フランス語だけで店名が書いてあって、日本語が添えられていないと、読み方すらわからない。
それで、店内入ってようやくお店の名前はわかったけど、今度は家に帰るとそれが思い出せない。
そういう経験、ケーキ好きの人でもたいていは経験していると思います。

ですが!
ケーキ屋さんの店名は、店の主であるパティシエさんや経営者さんが一生懸命考えて、愛情を込めてつけた名前。
それを「呪文みたい」の一言で片付けるのは、せっかく一生懸命考えた人がかわいそう。

そこで、今回は、「難しいフランス語の店名」のケーキ屋さんの名前を、日本語に翻訳してみました。もちろんフランス語詳しくないので機械翻訳ですが・・・。
そうすることで、その店のコンセプトが分かったりもしますし、なによりもその店に対する愛着もよけい湧くというもの。

今度、ここに列挙したケーキ屋さんに行くチャンスがあったら、「この店はこういう意味の店なんだー」と思いながらケーキを選んでみると、また違った視点が持てるのではないでしょうか。

では、「難しい名前のパティスリーの店名を日本語にしてみる」、始まりですーー!!

IMG_0716 l’abricotier
ラブリコチエ(高円寺)
アプリコット(あんずの木)
IMG_0717 Bien-Être
ビヤンネートル(代々木八幡)
幸福と安らぎの気持ち
IMG_0719 La Vieille France
ラ・ヴィエイユ・フランス(千歳烏山)
古いフランス
IMG_0721 Paris S’éveille
パリ・セヴェイユ(自由が丘)
パリの目覚め
IMG_0722 Les Temps Plus
レタンプリュス(流山おおたかの森)
より多くの時間
IMG_0723 Ravi,e Relier
ラヴィルリエ(大阪)
嬉しかった依頼者
IMG_0724 Voisin
ヴォワザン(荻窪)
隣人
IMG_0725 Puissance
ピュイサンス(青葉台)
活力
IMG_0726 Partage
パクタージュ(玉川学園前)
共有
IMG_0727 Sucreries Nerd
シュクレリーナード(雪が丘)
お菓子のオタク
IMG_0728 La Fille
ラ・フィーユ(一之江)
少女
IMG_0729 Sourire
スリール(学芸大学)
笑顔
IMG_0730 Lettre D’amour
レトロダムール(白金台)
ラブレター
IMG_0731 Le Lis
ル・リス(三鷹)
百合
IMG_0732 Coté Du Bois
コテ・デュ・ボワ(三鷹)
森の側
IMG_0733 Blondir
ブロンディール(ふじみ野)
金色のことに
IMG_0734 Chant D’oiseau
シャンドワゾー(川口)
歌の鳥に
IMG_0736 L’epicurien
レピキュリアン(吉祥寺)
美食家
IMG_0737 etienne
エチエンヌ(新百合ヶ丘)
あなたのもの
IMG_0738 Archaïque
アルカイク(戸塚安行)
古風な
IMG_0739 Laurel
ローレル(九品寺)
月桂樹
IMG_0741 emplir
アンプリル(北綾瀬)
充満
IMG_0742 Cacahouéte Paris
カカオエット・パリ(中目黒)
パリ・ピーナッツ
IMG_0743 Il Fait Jour
イルフェジュール(新百合ヶ丘)
それは日光です
IMG_0744 La Précieuse
ラ・プレシューズ(四谷)
貴重なもの
IMG_0745 Ma Priére
マ・プリエール(三鷹)
私の願い
IMG_0747 Aigre Douce
エーグルドゥース(目白)
甘酸っぱい
IMG_0749 Passion De Rose
パッション・ドゥ・ローズ(白金高輪)
ローズの情熱
IMG_0750 A Tes Souhaits!
アテスウェイ(吉祥寺)
あなたの希望に!
IMG_0751 Un Petit Paquet
アン・プチ・パケ(江田)
小型小包
IMG_0752 Région
レジオン(センター北)
地域
IMG_0754 Maison de Petit Four
メゾン・ド・プチ・フール(西馬込)
小さなペストリーの家
IMG_0755 Au Bon Vieux Temps
オーボンヴュータン(尾山台)
古き良き時代

いかがですか?まだまだいくらでも挙げられますが、とりあえず手元にショップカードがあったものを列挙してみました。

パティスリー「コテ・デュ・ボワ」は三鷹の森のそばのお店。だから「森の側」なんていう名前なんですね。
ラ・プレシューズや、アン・プチ・パケなんかも、とてもかわいらしい意味がある。
そして、オーボンヴュータン!お店のコンセプトをこれほど明確に表示した名前はないでしょう。

このように、人に歴史あり、店名に愛情あり。
もしお時間があるようでしたら、いつも行きつけのケーキ屋さんの名前も、自動翻訳で調べてみてはいかがでしょうか?
きっと素敵な意味があると思いますよ!

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ