簡単!食べられるサンタさんを手作り!お金もかかりません!

寂しいクリスマスを飾る、ステキなスイーツを作りますよ!

クリスマス!
最底辺の人にもクリスマスは来るのです。
クリスマスと言えば高価なケーキに、豪華なチキン(本当はターキー)、それにシャンパンですか?ローストビーフですか?

そんな贅沢なクリスマスパーティーもいいですが、ここでは最底辺なりのクリスマスの過ごし方を考えてみたいと思います。

クリスマスの飾り付けについては、こちらの記事お金をかけずにクリスマス!でご紹介していますが、今回ご紹介するのは、「クリスマスケーキがなくたっていいじゃない!パーティーを盛り上げる「食べられるサンタさん」作り!」です。
以前から食べ物でサンタさんを作ったら可愛いし、食べられるし、パーティーが華やぐんじゃないかな?と思っていて、いろいろ情報を集めていたのです。

でも、サンタさんなんて、とりあえず赤い三角の帽子かぶってれば、それなりに見えるでしょ?
そんな安易な考えのもとに、「食べられるサンタさん」の材料を買い込んできましたよ!
食べられるサンタさん作り
これらの材料を使って、サンタさんを作りますよー!!

可愛いサンタさん作るの、意外と難しい!!

それでは、これから「食べられるサンタさん」を作ってみたいと思います。
まずはじめにセレクトしたのがこれ。

佐久間のいちごミルク+キャンディーチーズ

とりあえず、赤くて三角な食べ物といえばいちごミルクでしょ。
という考えのもと、買ってきました。
食べられるサンタさん作り-いちごミルクとキャンディーチーズ

チーズの方にチョコペンで顔を描いてみます。
食べられるサンタさん作り-いちごミルクとキャンディーチーズ
これをいちごミルクと組み合わせると・・・
食べられるサンタさん作り-いちごミルクとキャンディーチーズ
ううーーーーーー・・・ん・・・・。
なんか違う。
これサンタ違う
ううむ、失敗かぁ。

次にチャレンジしたのがこれ。

アポロチョコ+丸いチョコ

本当は、無印良品のブールドネージュがいいかなーとも思ったのですが、立ち寄ったスーパーでこんなチョコ売ってたので、これでいいかなーと。
食べられるサンタさん-チョコレートバージョン
実はアポロチョコを使ったサンタさんには元ネタがあって、こちらの作品を参考にしています。
雪だるまのカップケーキ – お菓子とネコ、たまに着物
ここのリンク先のサンタさん、超可愛いの!ラヴリー!!
こんなの作りたい!と思ってアポロチョコを用意したのです。

まずは、白丸チョコの上下をナイフでカットします。
食べられるサンタさん-チョコレートバージョン
そして、チョコに顔を描いて組み合わせます。
食べられるサンタさん-チョコレートバージョン
ううむ、チョコが小さいので、顔がうまく描けないーー
これを、買ってあった大福の上に載せます。
食べられるサンタさん-チョコレートバージョン
ううむ、これはこれでちょっと可愛い。けど、先ほどのリンク先のサンタさんに比べると、あまりにもブサイク
白いチョコはもう少し大きくないとダメですねー。
これもイマイチか。

そして、最後にこちらをチャレンジ。

いちご+マシュマロ

多分これはうまくいくんじゃないかなーと思って奮発して買ったのがこちら。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ

まず、いちごの中から、できるだけ三角形に近いものを選びます。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
いちごのヘタを取り、上部をカットします。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ

次に、マシュマロを取り出します。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
このマシュマロを指で押しつぶします。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
ある程度平らになったら、顔を描きます。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ

先ほど切ったいちごと、顔を描いたマシュマロを、つまようじで串刺しにします。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
つまようじの先端が飛び出てたら、上に小さく切ったマシュマロを載せて出来上がり。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
どうかな?どうかな?
今回はかなり可愛くできたんじゃないかな?

調子に乗って3体ばかり作成。
食べられるサンタさん-いちごとマシュマロ
どうかな?
手先の不器用な自分でさえこのぐらい可愛く出来るのだから、上手な人が作ればもっともっと可愛くなると思う。

いちごとマシュマロ、チョコペンだったら、全部で500円ぐらい。
高価なクリスマスケーキと比べたら、かなり安いです。
でも、可愛さは負けないんじゃないかな!?

もしよかったら参考にしてみてください。
楽しいクリスマスを迎えられますように!

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ