Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン

Amazonはもう10年以上利用しているのですが、
いまだに価格の乱高下にはついていけない。

あれはなんなんですかね?
ある日突然アイテムの値段がガクンと下がって、よし!買おう!と思うとあっという間に元の値段に戻ったりして。
最底辺の人間としては1円でも安く買いたいのですが、なかなかそのタイミングを見るのが大変でした。でした。

「でした」と過去形で書いているのは、今はすごく便利なアドオンをインストールしたので、価格の乱高下に悩まされることがほとんどなくなったのです。
ここでは、その超便利なアドオンをご紹介します。

そのアドオンというのは、「keepa.com Amazon Price Tracker」というもの。
http://keepa.com/
Google Chrome用アドオンは→こちら
Firefox用アドオンは→こちら

ここではFirefoxアドオンを使ってみます。
上のリンクからページを開くと、こういうページになっていると思います。
Amazon Price Tracker - Keepa.com -- Add-ons for Firefox
このページの「Add to Firerox」ボタンを押してインストールします。
その作業を行なった後、Aamazonの商品ページを見ると・・・
Amazon.co.jp: Art Official Age -Digi-- 音楽
こういうグラフが各商品ページに載るようになります。
このグラフは、1ヶ月間の「Amazon販売」「マケプレ新品」「マケプレ中古」の価格の推移が表示されているのです。
このグラフを見ると、この商品がどのような価格の推移をしているのかが一発で分る。
なので、今は買いなのか待ちなのかもある程度判断がつきます。

これだけでもかなり使える機能なのですが、このアドオンはもうひとつ強力な機能がついていて、それは、「商品価格が自分の決めた価格を下回ったらアラートしてくれる」機能です。
設定方法はとても簡単。
Amazonの商品ページの、このグラフが表示されているところの、「この製品をトラッキング」という箇所をクリックするとこのような表示に変わります。
Amazon.co.jp: Art Official Age -Digi-- 音楽(1)
この画面で、空欄を埋めることによって「Amazon販売」「マケプレ新品」「マケプレ中古」の販売希望価格を入力することができます。
また、それぞれの希望価格を下回った場合のアラートの連絡方法もメール、ツイッター、フェイスブックの中から選べます。
ですから、このように空欄を埋めれば、希望価格を下回った場合にアラート通知してくれるのです。
Amazon.co.jp: Art Official Age -Digi-- 音楽(2)
このように入力を完了させたら、あとは「トラッキング開始」のボタンを押すだけ。
これで、商品価格が自分の設定した値段を下回ると、メールなりツイッターなりで知らせてくれるのです。
これはすごく便利!

ちなみに、1個1個の商品を、Amazonの商品ページに行って設定するのは面倒!という人は、こちらのページが一覧になっているので、こちらのページから設定をすれば楽です。
https://keepa.com/#manage

Amazonで高い値段で買い物をしちゃって損をする前に、このアドオンで自分の設定した希望価格で賢く購入しましょう!
おすすめです。

4 Responses to “Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン”

  1. […] るのが大変でした。 でした。 そのアドオンというのは、「keepa.com Amazon Price Tracker」というもの。 [引用元] Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン | 最底辺ブログ […]

  2. […] 辺の人間としては1円でも安く買いたいのですが、なかなかそのタイミングを見るのが大変でした。 [引用元] Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン | 最底辺ブログ […]

  3. […] の値段がガクンと下がって 、よし!買おう!と思うとあっという間に元の値段 に戻ったりして。 [引用元] Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン | 最底辺ブログ […]

  4. […] いていて、それは、「商品価格が自分の決めた価格を下回ったらアラートしてくれる」機能です。 [引用元] Amazonのアイテムが希望価格になると知らせてくれるアドオン | 最底辺ブログ […]

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ