目指せ月3万円!Webライターとして成功するコツ


「ウェブライティングで稼ぐコツ」をインターネットで検索すると、オンライン副業ウェブ講座の案内が上位を占めています。
それだけ多くの人がウェブライティングで稼ぎたいと思っているようです。
ウェブライティングの仕事は、特別に勉強しなくてもパソコン環境さえ整っていれば、老若男女を問わずチャレンジすることが可能です。
節約するにも限度がありますが、ウェブライティングなら元手をかけずに収入を得ることができます。

とはいえ、ウェブで稼ぎたい!と思っている人はたくさんいるために、今では競争が非常に激しくなっています。
誰でも簡単にできるものは報酬が低く、報酬を高くしたいのであれば、ある程度のスキルか、時間か、才能、努力などが必要になってきます。

ここでは、ウェブでお金を稼ぎたい!という人へ、簡単にできる方法から、少しハードルの高い方法まで、いくつかご紹介したいと思います。

まずは、簡単にチャレンジしやすいものからはじめて、少しづつスキルを磨き、徐々に難しい作業に挑戦していくようにすると、ステップアップすることが出来ると思います。

1、だれでもチャレンジしやすいのが自身の体験談

数あるネット副業の中のウェブライティングの仕事の内でも自身の体験談の記事は、とりたてて調べて書くこともなく、すらすらと書けます。
体験談はリアリティがあるので、企業の広告に載せるとクリックされやすいようです。
ユーザーがネットで検索して、自分と同じ悩みを抱えた人の記事があれば、参考になるとともに共感が持て、広告も身近なものに思えてきます。

サプリメントの広告などは必ずといっていいほど体験談が載せてありますが、この体験談を募集しているクライアントは、企業とライターを仲介する仲介クライアントが多いようです。
専門的な記事を仲介した場合、その記事の根拠を確認したり、編集をする手間がかかるため、ライターの1文字当たりの単価は安くなります。

その点、体験記事は一人一人違うため、特に編集する必要がありません。
仲介クライアントにとってはラクして仲介料を得ることができ、初心者ライターにとっても事実を書けばよいだけなので、ラクしてお金を稼ぐことができるのです。

・嫌な思い出も書くことでふっ切れる?

夫の浮気や、交通事故のトラブル、自身の病気、子育ての悩みなどの体験は書きたくないと思いますが、いざ書いてみると客観的に自分を見ることができ、モヤモヤと心の中でくすぶっていたものが払拭されます。
体験談を書くことで、同じような悩みのある人の参考になり、自分の心の整理ができ、お金にもなるのですから一石二鳥ならず一石三鳥です。

2、SEO対策ができると記事の依頼も増え収入アップにつながります


・SEOとは、サーチエンジン最適化という意味です。
SEO対策とは、インターネットでキーワードを検索した場合、上位に表示されるように、キーワードを入れるなど工夫してアクセス数を増やす対策です。

企業の提供する記事は、アクセス数によって売上額が大幅に違ってくるため、ウェブライティングの仕事にSEO対策を求めてきます。
ウェブライティングで稼ぐには、SEO対策ができるかどうかも大いに関係してきます。
といってもウェブライターは、クライアントから指定されたキーワードを文中に取り入れて、確かな情報を提供することが主な仕事です。

3、ウェブライティングの仕事に元手は入らない

基本的に資格は必要としません。
「資格を取ってウェブライターにチャレンジ!」などと講座の受講を募集している民間の技能検定は、現在の生活に余裕がない人にはおすすめできません。
1円でも稼いで生活にゆとりを得たいなら、ウェブライターで稼いでいる人の記事を読んだり、その人のグロブやホームページを訪れて、ノウハウを学び、肌で感じ取りましょう。

憧れのスポーツ選手やモデルさんや女優さんなどのポスターを貼って、そうなりたいと思うのと同じで、成功しているウェブライターさんを目標にすることで、少しずつ近づくことができます。
クライアントが求める的確な記事を書く方法のヒントが見つかったら、その都度メモしておくと参考になり、受講料を使わずにスキルアップできます。

ウェブライティングの仕事で1ヵ月で50万円や100万円稼いだとかいう話題もネット上で見かけますが、そんな話はないと思って下さい。
あるとしたら、ほんの一握りの天才的な人でしょう。
ほとんどの人はコツコツと継続して信頼してもらえる記事を書き続けることで、生活費の足しになる程度の金額を得ているのが実情のようです。

何の元手もかけずに、切り詰めた暮らしから少しでもゆとりのある暮らしへとシフトチェンジできたなら感謝すべきです。
高収入をうらやましがったりねたんだりするのはやめましょう。
ウェブライティングの仕事は、運だけでできる仕事ではありません。
高収入を得る人は、天性のセンスの上に人の何倍もの努力を陰で重ねているのです。

4、それでももっと稼ぎたい普通の人のために

人にはさまざまな理由があり、人生においてもどうしてもお金が必要な場合があります。
日々の節約には限りがあります。
しかし、そんな時にウェブライティングの仕事で少しでも収入を増やすには、どうすればよいのでしょうか?

・稼げる記事にチャレンジすることが収入アップにつながります。

1文字当たりの単価が0,5円と1円だと1000文字の記事で500円も違います。
ところが調べる時間も書く時間も同じなのです。
500円だからと、手抜きをするわけにもいきませんよね。
もちろん得意の分野なら早く書きあげることができるので一概には言えませんが、少しでも1文字当たりの単価が高い記事にトライアルすると、収入を上げることができます。

・1文字単価の高い募集記事をとりあえずリストアップしてみると?

1円~2円で募集している記事はクレジットカード、消費者金融、求人記事脱毛関係などです。
また、写真がプロ級の腕前であったり、弁護士や心理カウンセラー、管理栄養士などの資格を持った人限定での募集は、1文字当たりの単価が高いといえます。

特に資格がなくても、ニュース性の高い記事が書ける人や、取材記事が書ける人を募集する際は、比較的高い単価で募集しています。

できる範囲で単価の高い記事にチャレンジしてみると、記事を書くのに時間はかかりますが、自分の得意ジャンルを増やすことができるので、将来的には収入をアップすることができます。

5、より単価の高い記事を書いて貧乏から脱出

単価の高い記事を書くとダイレクトに収入アップができ、「儲けたい」といった気持ちが先行してしまいがちです。
ウェブライティングの目的が貧乏脱出のためとはいえ、「儲けたい」感が記事に表れ品位がなくなりかねません。
「文は人なり」とも言います。
がむしゃらに書きまくるだけでなく、クライアントやサイトに訪れる人たちが求めている内容にそったものを提供しないと、仕事を長く続けることができません。

・ウェブライターが要求される3つのこと

6W2H「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、誰に、どのように、いくら(価格)を意識して書くことで、記事に深みが出ます。

②ウェブ上の記事を何かの参考のために検索する場合は、キーワードで選んだたくさんの記事の中から意向にそった記事を選びますが、目につくタイトルに加えて、結論を先に書くことが大事です。
結論を最後に持ってきた場合、最後まで読んでもらえない可能性があります。

起承転結を大事にして、分かりやすい文を書きます。
具体的には、
導入(起)で読み手を引きつけ結論を書く。
メインのテーマ(承)をいくつか書く。
視点を変えて(転)書く。
まとめ(結)を書く。

まとめ

今、パソコンだけで稼げるウェブライティングの仕事が、あらゆる年代層に人気です。
日々の暮らしの中で、月々3万円節約するのはとても大変なことで、ストレスもかかります。
しかし、月々3万円は思っているより簡単に稼ぐことができます。
効率よく稼ぐ方法をネットや書籍で学び、ウェブライティングの仕事にチャレンジしてみませんか。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ