ツナ缶余ってませんか?肉を使わない肉じゃが風 節約ツナじゃが

肉じゃがを食べたいけど、お肉を買うと一気に出費が増えてしまうのが悩みの一つです。そんな時ツナ缶は、とても便利です。ツナ缶のいいところは、安くなっている時にまとめ買いをして、使いたい時に使えることです。一度買うと2年ほどの賞味期限なのでいざという時に役立ちます。
今回は、そうした備蓄食品の王様、ツナ缶を使って、「肉を使わない肉じゃが」、「ツナじゃが」を作ってみました。
ツナじゃが
そりゃ本当は牛肉が入った肉じゃががいちばんですが、このツナじゃがも、なかなかイケますよ!また違った美味しさです。


ツナじゃが材料
ツナ缶 1つ
ジャガイモ 4つ
人参 1つ(なくてもいい)
玉ねぎ 1つ
醤油 大さじ4
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
粉末のダシ 大さじ1

作り方
1. 野菜を一口サイズに切っていきます
ツナじゃが
2. 鍋に水を入れ日にかけ、水が冷たいうちに野菜を一緒に入れます。
ツナじゃが
3. 沸騰したらアクをとり、ツナ缶の油をよく切り加え、砂糖を入れて10分ほど煮込みます。
ツナじゃが
4. 醤油を入れて20分ほど煮込みます。
ツナじゃが
5. お皿に持って出来上がりです
ツナじゃが


コツ
とっても簡単で、節約しながらおふくろの味が楽しめます。

二日目は、ご飯に直接かけて丼風にしても美味しいです。

ツナ缶の油がオリーブオイルだったので捨てずに保管して、炒めるための油として再利用してみました。ツナのコクが油に残り、おいしいですよ。

みりんがなくても美味しくできます。今回は、入れずに作りました。みりんを入れると少しテリができますますが、なくても影響を与えません。

ツナ缶を使うことでお肉よりもあっさりした肉じゃがになり、ヘルシーで健康にもいい効果を与えてくれます。それでいながら、和食の王道の肉じゃがを楽しめるので満足の一品です。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ