何につけても美味しい!簡単節約パプリカディップ!

暑い夏は、身体を冷たくしてくれるようなメニューが一番いいですよね。
クーラーをつけているのにコンロで火を使っていると効きが悪いし、冷たい料理は、電気代の節約にもなります。
生野菜は、野菜の栄養をそのままたっぷりいただけるので健康にもいいです。

今回、冷たくて美味しいパプリカサルサを作ってみました。
パプリカのディップソース
所要時間は10分以内。時短メニューでもあります。


image-230材料
パプリカ 2つ
にんじん 1本
ニンニク 2片
トマトピューレ缶 大さじ3(なければケチャップ 大さじ3)
白ワインビネガー 大さじ3
オリーブオイル 大さじ3
塩 少々
アーモンド 数粒(なくてもOK)

作り方
1. 野菜を全て一口大に切ります。
image-231
2. 野菜、ニンニク、アーモンドを容器に入れて、塩、ワインビネガー、オリーブオイルを入れます。
パプリカのディップソース
3. 全ての材料がまんべんなく混ざり、細くなったら、塩で味を調整します
パプリカのディップソース
4. 少し、トマトピューレ(ケチャップ)を混ぜてもう一度ミキサーにかけます。
パプリカのディップソース
5. ボウルのような食器にいれ、パンに塗って食べたり、クラッカーやポッキーなどにつけて食べます。
パプリカのディップソース


コツ
準備が10分でできて、健康的なのに時間短縮ができる料理です。
多めに作って、冷製のパスタソースとしてもそのまま使えます。
アーモンドは、今回おつまみが残っていたので使いました。歯ごたえが出て美味しいですが、なくても大丈夫です。
塩加減は、お好みに合わせて調整してください。
ポテトチップスのディップソースとして使っても美味しいです。
そのまま冷静スープとして食べても美味しいです。

サブコンテンツ

管理人プロフィール

年収200万円。でもステキな生活を楽しもうと考えている紳士。音楽と甘味がこの上なく好きです。

このページの先頭へ