それでもネットキャッシングをすべき5つの理由

ネットキャッシングにはいくつかデメリットがありますが、ネットキャッシングの利便性は無視できるものではありません。

何事にもメリット・デメリットはあるということは、ご理解いただけると思います。

ネットキャッシングは、文字通り手続きの流れの中にインターネット利用が含まれます。

利便性がある中にも不便に感じるところもある、そうであればその双方を理解することが重要です。

今回は、最初にネットキャッシングの欠点を説明した上で、それでもネットキャッシングを利用すべき5つの理由について解説したいと思います。


ネットキャッシングの欠点

まずは、ネットキャッシングの欠点・注意すべきポイントについて簡単に解説します。

●対人での手続きのメリットが得られない

まずは、ネットでの手続きということで「対人(担当者を前にする)手続きのメリット」が得られないという点がデメリットになります。

担当者がいる場合、手続きにおいて何か不備があればその場で確認し、修正することができます。

しかし、担当者が前にいない状態で手続きを進めるため、何か不備があれば後で確認するか、もしくはその結果審査落ちしてしまうリスクを抱えます。

特に、パソコンの操作やインターネット環境に不慣れな人の場合、どこでミスをしてしまうかわかりません。

●サイトの安全性が問われる

次に「サイトの安全性」が問われます。通常、金融機関の窓口で手続きをする場合、覗き見などの不正行為については十分な対策が行われています。

審査において必要な個人情報の流出は、よほどのことがない限り発生しません。

しかし、ネットでの手続きとなるとサイト自体の安全性が不十分だと、ハッキング行為によって入力フォームに入力した個人情報が盗み見られてしまう可能性があります。

これが悪用されてしまえば、どのような不利益を被るかわかりません。

また、その貸金業者がいわゆる「闇金」であるかもしれないというリスクも抱えることになります。

ネットキャッシングで利用できる貸金業者の中には大手金融機関以外も多数含まれます。

きちんと調べておかないと、違法な貸金業者に引っかかってしまう可能性もあります。

●手軽さ故に多額の借金を抱えることになるかも?

最後に「手軽さゆえのデメリット」についても考慮しなければなりません。

手軽である、ということはつまり「多用する可能性が高い」ということです。

それ自体はそこまで問題ないのですが、多用することで多額の借金を抱えたり、いわゆる「多重債務」に陥る可能性も考えられます。

それでもネットキャッシングを利用すべき5つの理由

次に、上記のデメリットが有りながらも、ネットキャッシングを利用すべき理由について解説します。

1:申し込みの時に他人に見られない

まずは「申し込みの時、他人に見られない」というポイントです。

通常、キャッシングの申込みの時には金融機関の窓口で審査手続きを進めることになります。

銀行の場合であれば問題はないのですが、問題になるのは預金業務を手がけていない消費者金融での申込時です。

消費者金融の店舗に出向く理由は、端的に言えば「借金をするため」です。

借金というのは世間一般ではあまり良い印象を持たれません。

もし、消費者金融の店舗に出入りするところを親戚や職場の人間に見られてしまえば、そこから情報が漏れて家族バレや職場バレをしてしまうことになります。

しかし、ネットキャッシングでは審査申し込みから融資までをインターネット上で完結させることができます。

場合によっては、融資を急ぐために店舗に出向くパターンもありますが、条件次第では最初から最後まで金融機関や無人機に足を運ぶ必要なく、融資を受けられるケースもあります。

家族バレについては、他にも注意すべきポイントがあります。

ですが、金融機関(特に消費者金融)に足を運ぶことで家族バレや職場バレを起こすリスクは発生させずに済みます。

周囲にキャッシングの利用を気づかれないためには、ネットキャッシングを利用することが理にかなっているのです。

2:24時間いつでも申込可能

次に、申し込みに際しては「24時間いつでも受付している」という点も大きなメリットになります。

店舗窓口で審査手続きを進める場合、どうしても「営業時間」がネックになります。

人を配置して営業する以上、営業時間外にはお店も閉めなければなりません。

お店が閉まっていれば審査の申し込みも翌日以降、営業時間内に店舗まで足を運ぶ必要があります。

ですが、仕事などで忙しい人の場合だと、なかなか時間を割くことができません。

仕事帰りとなると、金融機関も窓口や店舗を閉めている可能性が高く、基本的に休日しか申込手続きができなくなってしまいます。

場合によっては、せっかく休みを利用して店舗まで出向いたのに、書類不備等で出直さなければならないケースもあります。

そうなると、次に営業時間に都合を合わせられるのがいつになるかわかりません。

ネットキャッシングの場合は、審査に必要な情報を送信するだけであれば24時間いつでも利用できます。

実際には、審査の手続きは人間の手で行いますので、夜遅くの営業時間外ではすぐに手続きを進めることはできません。

しかし、申し込みに必要な情報の送信作業だけであればコンピュータとのやり取りであり、これには営業時間の縛りはありません。

これにより、キャッシングの利用の入口となる申し込み作業だけでも、キャッシングを利用したいと思ったらすぐにでも始めることができます。

あとは、手続きの流れにおいて必要なアクションを、時間が空いている時に進めていくことができます。

これにより、店舗窓口での手続きを利用するケースよりも早く融資を受けられる可能性が高くなります。

3:近所に店舗がない金融機関でも利用できる

次に、「近所にある金融機関」以外でもキャッシングを利用できるというポイントです。

もし、キャッシングの審査申し込みを店舗で行いたい場合、利用できる金融機関は「自分が足を運ぶことができる店舗がある金融機関」に限定されます。

一般的には自宅の近所、もしくは仕事などで利用する交通機関の近く、ということになります。

わざわざ、片道だけで数時間なんて遠いところにある店舗を利用したいと思う人は居ないでしょう。

しかし、逆に言えば「近所に店舗がない金融機関」は利用が難しくなります。

もし、利用しやすい場所に店舗を持つ金融機関での審査に全滅してしまえば、キャッシングの利用が現実的では無くなってしまいます。

もちろん、時間をかければ行けない場所は無いと思いますが、利用に際して何度か足を運ぶ機会の発生する可能性が高いので遠方の店舗は利用することを想定したいとは思えません。

ネットキャッシングの場合、申込手続きはインターネットを媒介とします。

つまり、ネットが利用できれば基本的にどこでも手続きが可能です。

これは、自宅などでリラックスした状態で手続きができるというだけでなく、近くに店舗が無い金融機関でも利用できるということになります。

カードの発行などについては、郵送によりやり取りができます。

つまり、店舗に足を運ぶことが難しい金融機関でも、キャッシングの利用における金融機関の選択肢に含めることができるのです。

これにより、融資条件は良好でも店舗が無いことで選択肢に入れることができなかった金融機関も、有力な選択肢に含めることができるようになります。

4:大手以外の消費者金融も選択肢に

また、3つ目のメリットは「中堅消費者金融」などの、大手金融機関ではない消費者金融等もその選択肢に入れられるという点がメリットになります。

中堅消費者金融は、簡単に言えば消費者金融としての経営地盤はあるものの、大手のようにコマーシャルを打ち出して社名を宣伝できるほどではない規模の消費者金融です。

その名前は、おそらく何一つ知らないというほどに知名度が低いです。

しかし、中堅とは言え消費者金融であることには変わりません。

大手とやりあって消費者金融として生き残っていくため、その審査基準は大手消費者金融のそれよりも低く設定されているところが多いです。

つまり、大手消費者金融でお金を借りられない人でも、中堅消費者金融であれば借りられる可能性が残っているということです。

口コミによれば、いわゆる「ブラック」の人でもそれなりのお金を借りられた、という話もあります。

中堅消費者金融の弱点は「店舗展開が弱い」ということです。

大手消費者金融は、全国に店舗や無人機を設置するための財力を有します。

しかし、大手ではないところは地方に集中あるいは各地に小規模の展開に留まることが多いです。

そのため、利用のためにはその地域にお住まいであることが条件でしたが、ネットキャッシングであればインターネットで手続きを完結させることができます。

もちろん、中堅消費者金融が最善の選択肢である、というわけではありません。

金利の高さや経営状態の安定性など、大手と比較すると見劣りする部分も無いわけではありません。

しかし、「選択肢に含めることができる」ということは大きなメリットです。

選べる方法が多いということは、きちんと調べて、きちんと選択できる人にとって大きな力となります。

利用する・しないは別として、まずは中堅消費者金融も選択肢に含めることができるということのメリットを理解しておきましょう。

5:手軽さは、キャッシングの怖さを知っていればメリットになる

最後に「手軽である」ということです。これは先ほどデメリットの一つにも数えている内容ではあるのですが、それはあくまでも「使い過ぎたら」という場合です。

キャッシングの恐ろしさやデメリット、リスクの全てをきちんと理解できていれば、手軽であるということは単純なメリットとして考えることもできます。

確かに、手軽さゆえに多額のお金を借り入れてしまい、返済に困って延滞や債務整理、といったリスクを抱えることは事実です。

手軽でなければ利用頻度は減り、多重債務や債務整理などのリスクは少なくなります。

しかし、手軽ではないということは、言うなれば「不便である」ということであり、それだけ見ればデメリットでしかありません。

しかしネットキャッシングはインターネットで手続きが完結し、手軽にお金を借り入れる事ができます(審査に通れば、ですが)。

それ故に、利用頻度が高まり、結果として金融事故を起こしやすくなる。

ブラックリスト扱いになり、新規融資を受けることが難しくなる。

ですがそれは「そのリスクが有る」というだけであって、そしてリスクというものは事前に把握していれば対処もできるということを忘れてはいけません。

要するに「わきまえる」ということを理解していれば良いのです。

自分の身の丈にあったキャッシングであれば害にはなりませんが、それを超えれば毒になる。

「薬も過ぎれば毒となる」ということを理解して、調子に乗ったキャッシングを利用しなければ良いということです。

重要なのは「いくら借りているか」ということと「あと、いくらであれば借りても大丈夫か」ということを、冷静かつ正確に把握することです。

あまりにも弱気になってしまえば手軽さのメリットが活かせず、調子に乗れば返済が苦しくなり生活の質を落とすことになります。

必要に応じてキャッシングを利用しつつ、けれども借り過ぎにはならない。

そのバランスを維持するためには「把握する」ことが重要です。

まとめ

ネットキャッシングには、さまざまなメリットがあります。

しかしデメリットも相応に有り、単純に「便利である」とだけ考えることは危険です。

重要なことは危険性、つまりデメリットやリスクを理解して、それを回避してメリットを最大限に活かすことです。

お金というものは、時に人の判断力を奪い、冷静な分析力を損なわせてしまいます。

キャッシングも、単純に考えればそこが弱点となります。

しかし、だからこそ冷静に判断して、自分にとってデメリットよりもメリットを前面に押し出せるようにすることです。

ネットキャッシングのシステム的なメリットを活かすためには、それを律してデメリットを回避することができる判断力が重要なのです。



みんなが申し込んでいるのはココ!当サイトの申込ランキング!(2018年11月)

  1. アコム

    三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」。みなさんよく覚えている「はじめてのアコム~♪」というように、キャッシング初心者の人に特に支持されています。
    特に多くの人から支持されているのは、アコムならではの親切なシステム!例えば・・
    ★1:最短30分のスピーディーな審査で、即日は当然、最短1時間融資も可能!
    ★2:アコムの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は利息が0!全くかかりません!一応条件があって、アコムでのご契約がはじめてで、返済期日「35日ごと」で契約する必要があります。
    ★3:利息は日割り計算!毎月一気に利息がドン!と来るのではなく、月途中で返済すれば、その日までの利息しかかかりません。
    ★4:ネットやコンビニATMなどから、24時間借り入れ・返済可能!忙しいときにはとても便利!
    このように、アコム、いたれりつくせりのサービスがモットーですが、まずは3秒で結果がわかる「おためし診断」からはじめてみてはいかがでしょうか?ネットでのおためし診断→本審査申込と、とてもスムーズに契約まで移行できるので、ネットに不慣れな人でも迷うことなく操作できます!

    「アコム」について詳しく解説します

    「アコム」のよりオトクなサービスの解説はこちら!

  2. プロミス

    最短1時間

    SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。最大の特徴は、その金利の低さ。大手の消費者金融で最高実質年率17.8%(最低4.5%~最高17.8%)なのはプロミスだけ。だから他と比べて利息が少なくて済むんですね。
    しかも今ならメールアドレスとWeb明細利用を登録すれば「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっているので、詳しくは→キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイトをチェックしてみてください!

    さらに、プロミスは借りる手順が多彩でとっても便利です。
    例えば、【即日でお金を借りたい場合】には以下のお金の借り方があります。
    ★平日14時までにWEB契約を完了すれば、その日に振り込みでの即日融資が可能。
    ★平日14時過ぎても、スマホなどで申し込みをして、審査完了後、お近くの自動契約機へいけば、キャッシングが可能です。自動契約機は全国に設置されています。
    土日祝日でもOK。その場合は平日14時過ぎの手順と同じで、申し込みをして、審査完了後、自動契約機へいけば、キャッシング可能。

    自動契約機の場合、基本郵送物もないので便利。
    さらに、「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっています。
    初めての方にはお得です!

    プロミスは自分のお金をライフスタイルにうまく取り込むためには最適なキャッシングサービスなので安心して使えます。
    女性でも安心のレディースローンもありますよ!
    プロミスのレディースローンは、対応してくれるオペレーターが全員女性。だから男性のようにツンケンしていないし、女性の立場になって親身に相談に乗ってくれるということもあって、お金を借りたいけれど、申し込むのはちょっと怖いかも・・という人に大人気なのです。
    そして、このレディースキャッシング、実は男性の利用が意外にもおおいのです。それは、男性でも対応は女性にしてもらったほうが気楽に申し込みができるかも・・もしかしたら審査が甘くなるかも(甘くはなりませんよ!)というイメージがあるから、のようです。
    レディースキャッシングだから男性が申し込んだら変?ということは決してありません。男性オペレーターが苦手な人は、思い切って女性に対応してもらうのもいいのではないでしょうか?

    LP_164x164_ladys
    スタッフは全員女性!親身の対応が希望の方はこちら→

    「プロミス」について詳しく解説します

  3. レイクALSA

    これまで多くの人に親しまれてきた「レイク」から生まれ変わった「レイクALSA」。CMなどで目にすることもあったかと思います。
    この新しくなった「レイクALSA」、現在、借りるなら今のうち!のとても嬉しいキャンペーンを行っています。
    なんと、これまでの利息無料期間が、9月3日から11月30日まで大幅に変更になるのです!
    具体的には、これまでの無利息期間の条件は、
    1:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額のうち5万円まで180日間利息¥0
    5万円以上のお借入れの場合、初回契約翌日から無利息5万円超分は通常金利適用
    2:はじめての借り入れの場合、お借入れ額全額30日間利息¥0
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    ・・のどちらかを選択することができたのですが、
    2018年9月3日から11月30日までの期間は
    1:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額のうち5万円まで180日間利息¥0
    5万円以上のお借入れの場合、初回契約翌日から無利息5万円超分は通常金利適用
    2:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額全額60日間利息¥0(30日間無利息、180日間無利息との併用不可)
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    3:はじめての借り入れで、契約額が200万円を超える方は、お借入れ額全額30日間利息¥0
    初回契約翌日から無利息期間経過後は通常金利適用
    以上の1~3から1つを選ぶことができるようになっています。
    注目なのは
    2:はじめての借り入れで、契約額1~200万円の方は、お借入れ額全額60日間利息¥0
    の項目。
    これを選択した場合は、「5万円まで180日間利息無料」は選択できませんが、60日=約2ヶ月間無利息期間があるのです。(30日間無利息、180日間無利息との併用不可)
    これだったら、秋にお金を借りて、冬のボーナスで返済・・というのも可能。
    夏にお金を使いすぎちゃったけど、しばらくはまとまってお金を返すあてがない!という人は、検討してみてはいかがでしょうか。
    これ以外にも、「レイクALSA」大きな特徴として、今のIT時代、スマホ世代に合わせた、より便利なサービスを提供している、という点があります。
    例えば、申し込みの時間が8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)の間であれば、申し込みお申込み後、最短15秒でスマホ画面に審査結果が表示されます!そして、Webでお申込みからお借入れまで最短60分融資も可能!これは早いですよね!
    (※平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。ご融資時間は、一部店舗によって異なります。)
    また、無事契約成立して、キャッシングを行う際も、カードは不要!スマホから振込の依頼をすることができます。
    このように、スマホ時代に対応した新しさと、変わらぬ優しさが一緒になった「レイクALSA」、特に忙しい毎日を過ごしている人にオススメです!

    「レイクALSA」について詳しく解説します

  4. アイフル

    アイフル

    アイフルさんについては、当サイトから申し込まれた方の中に、「審査が通りやすいと聞いていたけど通らなかった!」というお話を何件かいただいています。
    審査に落ちてしまったのはとても残念ですが、当サイトでもアイフルが特に審査に甘いということを書いたことはありません。ましてや、アイフルならブラックでも借りられる…というのは完全に嘘です!そんなことがあるわけありません。
    アイフルの借り入れ審査については、例えば、「他の貸金業者からの借入れが5件以上あると審査に通りません」。なので、複数の金融機関から借り入れしている人は諦めてください。
    また、満20歳以上70歳未満の定期的な収入と返済能力を有する人だけが審査に通ります。返済能力がないとみなされれば、審査には通りません。ちなみに、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
    このように、決してたやすくはないアイフルの審査。安易な申込みはやめておいたほうがいいでしょう。それでももし借り入れを考えているのであれば、まずは下記のアイフルについての詳細解説をご覧頂いてからのほうがいいと思います。

    「アイフル」について詳しく解説します

  5. SMBCモビット

    200x200 オリコン

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が
    株式会社SMBCモビットに変更になりました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    竹中直人さんのCMでおなじみのカードローン「SMBCモビット」。
    オリコン調査での顧客満足度ナンバー1のモビットは、業界に先駆けて先進的なサービスを提供してきました。
    特に有名なのが、「Web完結」というサービス。
    これは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っていれば、わずらわしい郵送物や電話のやり取りなどをせずに、ネットで全ての申込みが完結するというサービス
    。 これは、カードローン審査の際のさまざまな「面倒」から解放されるという、とても画期的なサービスでした。
    そんなモビットが、また新しいサービスをはじめました。
    それが「スマホATM取引」というサービス。
    これは、全国にあるセブン銀行のATMであれば、面倒なATMの操作をせずに、自分のスマホのモビットアプリからATMを操作できる、というもの。
    これなら、時間がなくて、すぐにお金を引き出したいときには、すごく便利ですよね!
    まだまだ新しいサービスがどんどん増えていく「SMBCモビット」
    その便利さを実感してみてはいかがですか?

    「SMBCモビット」について詳しく解説します